2017年11月15日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2017年11月14日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチの動きとなった。

 CNYは対ドルで小幅上昇。
10月の中国小売売上高は前年比10.0%増と市場予想に反し前月から鈍化。同月同国の鉱工業生産は同+6.2%と市場予想を下回った。同月同国の海外直接投資は同5.0%増と3カ月ぶりの低い伸びに鈍化した。

 INRは対ドルで変わらず。
10月のインドWPIは前年比+3.59%と市場予想を上回り、6カ月ぶりの高い伸び。同月同国の貿易収支は140.2億ドルの赤字と、赤字額が2014年11月以来の大きさに拡大した。

 BRLは対ドルで1.1%の下落。
9月のブラジル小売売上高は前年比6.4%増と市場予想を上回り、2014年4月以来の高い伸びに加速した。

 COPは対ドルで0.4%の下落。
9月のコロンビア貿易収支は2.7億ドルの赤字と、赤字額が市場予想を下回り、4カ月ぶりの低水準に縮小した。

 CZKは対ドルで0.9%の上昇。
第3四半期のチェコGDPは前年比5.0%増と市場予想を上回り、2年ぶりの高い伸びに加速した。

 HUFは対ドルで1.0%の上昇。
第3四半期のハンガリーGDPは前年比3.6%増と市場予想を小幅下回ったが、前期から加速した。

 PLNは対ドルで0.7%の上昇。
第3四半期のポーランドGDPは前年比4.7%増と市場予想を上回り、2011年第4四半期以来の高い伸びに加速。10月のポーランドコアCPIは前年比+0.8%と市場予想を下回り、前月から鈍化した。

イタリア北西部ピエモンテ地方のアルバで、毎年恒例の白トリュフの競売が開催され、重さ850グラムの形の良いトリュフが7.5万ユーロ(約990万円)で落札されたそうです。試食できないか問い合わせしてみます。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿