2018年1月17日水曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2018年1月16日)

 新興国通貨は対ドルでやや軟調だった。

 BRLは対ドルで0.3%の下落。
1月のブラジルIGP-10は前月比+0.79%とほぼ市場予想通りで前月から小幅鈍化。11月のブラジルCNI設備稼働率は78.3%と2015年7月以来の高水準に上昇した。

 CZKは対ドルで0.5%の上昇。
12月のチェコPPIは前年比+0.7%と市場予想を上回ったが前月から鈍化した。

 PLNは対ドルで小幅上昇。
12月のポーランド・コアCPIは前年比+0.9%と市場予想を上回り、前月と同じ伸びを維持した。

 ZARは対ドルで0.4%の上昇。
11月の南アフリカ鉱物生産量は前年比6.5%増と市場予想を上回り、3カ月ぶりの高い伸びに加速した。

 ILSは対ドルで1.0%の下落。
一部メディアによるとイスラエル中銀はILS売り介入の規模を拡大した模様。

仮想通貨少女というアイドルグループが誕生したそうです。仮想通貨おじさん、というグループができたら私も参加したいと思います。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿