2018年1月5日金曜日

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2018年1月4日)

 新興国通貨は対ドルで小幅上昇した。

 THBは対ドルで0.2%の上昇。
12月のタイ消費者信頼感は79.2と5カ月連続で上昇し、2015年1月以来の高水準に達した。

 BRLは対ドルで0.2%の上昇。
11月のブラジルPPIは前年比+4.35%と4カ月連続で加速し、16年7月以来の高い伸びを記録した。

 CLPは対ドルで0.3%の上昇。
12月のチリIMCE企業景況感は44.00と4カ月ぶりの低水準に低下した。

 HUFは対ドルで0.7%の上昇。
11月のハンガリー失業率は3.8%と市場予想を下回り、1999年の統計開始以来の最低を更新した。

 ZARは対ドルで0.5%の上昇。
12月の南アフリカ・スタンダード銀行PMIは48.4と16年4月以来の低水準に低下。11月の南アフリカ発電量は前年比1.7%増と3カ月連続で加速した。

タイのバンコクにある病院では、戌年を迎えるにあたり、新生児が可愛らしい犬の着ぐるみでおめかしするイベントが行われたそうです。犬の格好で出勤しようと思いましたが、衣装が見つけられません。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿