2018年3月6日火曜日

■新興国通貨の概況(3月5日)

 新興国通貨は対ドルで方向感に欠ける展開となった。

 MYRは対ドルで小幅下落。
1月のマレーシア貿易収支は97.1億リンギットの黒字と、黒字額が市場予想を大きく上回り、前年比106.2%増と急増した。

 TWDは対ドルで変わらず。
1月の台湾鉱工業生産は前年比+10.86%と市場予想を大きく上回り、5年ぶりの高い伸びに加速した。

 BRLは対ドルで小幅上昇。
1月のブラジルCNI設備稼働率は78.1%と前月から小幅上昇した。

 CLPも対ドルで小幅上昇。
1月のチリ経済活動は前年比+3.9%と2016年2月以来の高い伸び。2月のチリIMCE企業景況感は57.38と2013年4月以来の高水準に上昇した。

 HUFは対ドルで小幅下落。
1月のハンガリー小売売上高は前年比7.5%増と市場予想を上回り、前月分も同6.7%増に上方修正された。

 TRYは対ドルでほぼ変わらず。
2月のトルコCPIは前年比+10.26%、コアCPIは同+11.94%と、いずれも市場予想を上振れた。

 ZARは対ドルで0.7%の上昇。
2月の南アフリカ・スタンダード銀行PMIは51.4と、2016年12月以来の高水準に上昇した。

花粉症の症状がひどくなりつつあって、面白いことが思い浮かびません。

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿