2018年4月3日火曜日

■新興国通貨の概況(2018年4月2日)

 新興国通貨は対ドルで軟調な展開となった。

 KRWは対ドルで0.7%の上昇。
3月の韓国製造業PMIは49.1と昨年7月以来の低水準に低下した。

 TWDは対ドルで小幅下落。
3月の台湾製造業PMIは55.3と2カ月連続で低下した。

 MYRは対ドルでほぼ変わらず。
3月のマレーシアPMIは49.5と2カ月連続で低下した。

 IDRはBloombergによると対ドルで小幅上昇。
3月のインドネシア製造業PMIは50.7と前月から低下。3月のインドネシアCPIは前年比+3.40%と市場予想を小幅上回り、3カ月ぶりの高い伸び。しかしコアCPIは同+2.67%とほぼ市場予想通りで、4カ月連続の3%割れだった。

 THBは対ドルで小幅上昇。
3月のタイ製造業PMIは49.1と2016年11月以来の低水準に低下。同月同国の企業景況感は53.3と2013年5月以来の高水準。3月のタイCPIは前年比+0.79%と市場予想を下回り、13カ月連続の1%割れとなった。

 PHPは対ドルで0.3%の上昇。
3月のフィリピン製造業PMIは51.5と前月から上昇した。

 CNYは対ドルで小幅下落。
3月の中国財新製造業PMIは51.0と市場予想を下回り、4カ月ぶりの低水準となった。

 SGDは対ドルで小幅下落。
3月のシンガポール購買部景気指数は53.0と市場予想や前月を小幅上振れ。第1四半期のシンガポール民間住宅価格は前期比+3.1%と2010年第2四半期以来の高い伸びに加速した。

 BRLは対ドルで0.3%の下落。
3月のブラジル・マークイット製造業PMIは53.4と前月から小幅上昇。2月のブラジル設備稼働率は78.0%と前月とほぼ変わらず。3月のブラジル貿易収支は62.8億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下回った。

 MXNは対ドルで0.9%の下落。
2月のメキシコ海外労働者送金は前年比6.9%増と市場予想を下振れ。3月のメキシコ製造業PMIは52.4と前月から上昇。同月同国のIMEF指数は製造業が54.0と前月から上昇する一方、非製造業は53.4と前月と同じだった。

 COPは対ドルで小幅上昇。
3月のコロンビア製造業PMIは50.7と昨年1月以来となる50台に上昇した。

 TRYは対ドルで0.5%の下落。
3月のトルコ・マークイット製造業PMIは51.8と昨年4月以来の低水準に低下した。

私の花粉症の症状は収束に向かいつつあるようです。これまでの皆様のご声援ありがとうございました。 

本日もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿