2015年7月18日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月17日)

 7月17日のロンドン市場はドルが底堅い動き。ドル円は124円手前から124円ちょうどを小幅上回る水準に上昇。ユーロドルは取引序盤に1.09ドルちょうど近辺に上昇したが、その後は上値が重く、取引後半は1.08ドル台後半での推移となった。欧州株は小幅マイナス圏での推移を続けるなど軟調な動き。ただ東京市場で低下した米債利回りは下げ止まり、日経平均先物は徐々に上げ幅を広げる動きとなるなど市場のリスク回避姿勢は後退したまま。これといった取引材料がなかったものの、ドルの下値の堅さが目立った。

 NY市場に入ってもドルは底堅い動きを続けた。6月の米CPIは前年比+0.1%、コアCPIは同+1.8%といずれも市場予想通りで、前月から小幅加速。同時に発表された同月同国の住宅着工件数は117.4万戸と市場予想を上回り、住宅建設許可件数も134.3万戸と前月から減少するとした市場予想に反し前月から大きく増加するなど住宅市場の堅調ぶりを示す結果となった。これを受けてドルは買いが先行。指標発表前に124円ちょうど近辺に下落していたドル円は124円台前半に小幅上昇する一方、ユーロドルは1.09ドル手前から1.08ドル台後半に下落した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月17日)

 新興国通貨は対ドルで軟調な動き。原油先物価格の上値が重いこともあって中南米通貨を中心に新興国通貨は売り優勢となった。

 BRLは対ドルで1.1%の下落。7月15日までの週のブラジルFIPE・CPIは前月比+0.57%と市場予想を上回り、6月第1週以来の伸びに加速。5月のブラジル経済活動指数は前年比-4.75%と落ち込み幅が市場予想を上回り、2009年4月以来の大きさ。7月のブラジルCNI産業信頼感は37.2と統計開始以来最低を更新。6月のブラジル政府関連登録雇用者数は11.1万人減と市場予想を上回る落ち込み。いずれの指標もブラジル経済の悪化を示した。

 PLNは対ドルで0.2%の下落。6月のポーランド鉱工業生産販売は前年比+7.6%、同月同国の小売売上高は同3.8%増と、いずれも市場予想を上振れ。PPIは同-1.6%と落ち込み幅が市場予想を下回り、昨年11月以来の水準まで落ち込み幅が縮小した。

 RUBは対ドルでほぼ変わらず。6月のロシア実質賃金は前年比7.2%減と市場予想ほど落ち込まず。一方で同月同国の実質小売売上高は同9.4%減と市場予想を上回る落ち込み。失業率は5.4%と市場予想に反し前月から低下した。

 よい週末をお過ごしください。

2015年7月17日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月16日)

 7月16日のロンドン市場はドルが上昇基調で推移。ドル円は123円台後半から124円ちょうど近辺と3週間ぶりの124円台に上昇。一方、ユーロドルは1.09ドル台前半から1.08ドル台後半に下落した。米債利回りは底堅く推移し、欧州株はドイツ株中心に買い優勢の展開。一部メディアはユーロ圏がギリシャに対し70億ユーロ規模のつなぎ融資を実施することで原則合意と報道。市場のリスク回避姿勢が後退し、ドル買いの動きを後押しした。

 ECBは市場予想通り政策金利を+0.05%、中銀預金金利を-0.20%、限界貸出金利を+0.30%でそれぞれ現状維持とした。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月16日)

 新興国通貨はZARなど一部を除き対ドルで続落。ユーロと連れ安となる格好で東欧通貨が対ドルで下落した他、原油先物価格の下落が資源国通貨の重しとなった。

 BRLは対ドルで0.4%の下落。7月のブラジルIGP-10は前月比+0.75%と市場予想を上回り、3カ月ぶりの高い伸び。一方、7月15日までの週のブラジルIPC-Sは前月比+0.72%と市場予想や前週から小幅下振れた。

 PENは対ドルで小幅上昇。昨日発表された6月のペルー失業率は6.8%と市場予想や前月を下回った。

 COPは対ドルで0.8%の下落。5月のコロンビア小売売上高は前年比2.7%増と市場予想を上振れ。一方、同月同国の鉱工業生産は同-3.9%と市場予想を下回り、4カ月ぶりの落ち込みとなった。

 PLNは対ドルで0.2%の下落。6月のポーランド・コアCPIは前年比+0.2%と市場予想を下回り、3カ月ぶりの低い伸び。同月同国の平均総賃金は前年比2.5%増と市場予想に反し前月から鈍化。雇用も同0.9%増と市場予想に反し前月から鈍化した。

 RUBは対ドルで変わらず。7月10日時点のロシア金・外貨準備高は3599億ドルと前週から小幅増加した。

中国では紫外線防止対策として顔面を覆うマスクを着用する女性が多いそうです。今年は京劇風デザインも加わったとのこと。私も出勤時に使ってみることを想像してみましたが、通勤電車の途中で不審者として捕まるか、オフィスビルの警備員に尋問されるといったことしかイメージできませんでした。

2015年7月16日木曜日

9月の利上げ開始の可能性を残したFRBイエレン議長の議会証言

 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は昨日(7月15日)、米下院金融サービス委員会で半期に1度の金融政策に関する議会証言を実施。米経済の先行きに対し楽観的な見方を示すとともに、改めて年内に利上げを開始する意向を示した。

 FRBイエレン議長は、証言の冒頭で米経済がFRBの目標とする最大雇用と物価の安定に向かって進展していると指摘。雇用は昨年後半に比べ減速しているものの、十分なペースで拡大を続けており、長期失業者や正規雇用を望んでいる非正規労働者の数も著しく減少している点を挙げ、米労働市場が望ましい方向で推移しているとの見方を示した。

 成長率については、国内支出が今年前半に減速していることを認めつつも、その一部は厳冬や西海岸での労働争議といった一時的な要因によるものと見方を披露。個人消費については、自動車販売の強さを例に出しながら緩やかな拡大が続いているとした。

 先行きについても、原油安と継続的な雇用増によって個人消費が押し上げられることから、今後も労働市場と米経済の改善は続き、成長率は加速するとの見方を表明。ドル高や原油安が成長率を下押ししたことは認めつつも、こうした下押し効果は今後、剥落するとの見方を示した。

 金融政策については、利上げの開始時期を過度に重視すべきではないと牽制。たとえ利上げを開始したとしても、その後も金融政策は高度に緩和的であり、FOMC経済見通しが正当化しているのは段階的な利上げである点を強調した。

 整理すれば、今回のイエレン議長の証言は、9月も含めた年内の利上げ開始に対する彼女の強い意欲を示したものと解釈していいだろう。労働市場のスラックが依然として存在していることを認めつつも、労働市場の改善を冒頭に指摘した点。市場予想に反し弱い結果に終わった6月の米小売売上高に触れることなく、個人消費は今後も堅調に推移するとの見方を示した点などは、イエレン議長が利上げ開始に対し前向きであることを示した一例と言える。

 ここで注意すべきは、イエレン議長の議会証言後に米債利回りが低下した点だ。たとえば米10年債利回りは、同議長の講演原稿が公表された直後に2.38%ちょうど近辺から2.43%ちょうど近辺まで上昇したが、その後、同利回りは低下基調で推移し、NY市場終了時には2.35%台。本日(7月16日)の東京市場でも2.37%ちょうど近辺でもみ合うなど上値の重い動きが続いている。市場の反応だけで判断すれば、米債券市場は年内の利上げ開始は、あったとしても12月FOMCであり、9月の利上げ開始は想定外としているようだ。

 ただ、イエレン議長が、これだけ強い調子で利上げに対し前向きな意欲を示している以上、9月の利上げ開始も想定の一つに含むべきであろう。米債市場が9月の利上げ開始の可能性を織り込まないまま推移し、9月の利上げ開始となった場合、米債利回りは一気に上昇する展開となってしまう。これは利上げに強い意欲を持つイエレン議長としても避けたいところだ。

 このため、今後も米債市場が足元と同じ動きを続ける場合、イエレン議長だけでなくFRBメンバーも米利上げ開始の可能性を市場に織り込ませようとするだろう。現に、昨日のイエレン議長の議会証言の講演原稿が公表された後、クリーブランド連銀のメスター総裁は、米経済は利上げに対応できるとの見方を示し、FFレートをゼロから小幅に引き上げることは金融政策の引き締めではないと言明。その後、サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁も、9月は利上げを開始するのに非常に妥当な時期と語った。

 イエレン議長だけでなく、FEDメンバーでも、このような言動が増えてくれば、さすがに米債市場でも利上げ開始を織り込む動きを強めるだろう。この場合、為替市場ではドル買いの動きが強まることになる。

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月15日)

 7月15日のロンドン市場はドル、ユーロともに小動きが続いた。ドル円は123円台半ば近辺でのもみ合いとなった。米債利回りが動意に欠ける動きとなったものの、日経平均先物は底堅く推移し、下げて始まった欧州株も取引中盤にはプラス圏に浮上。この日予定されているFRBイエレン議長の講演を前にドル円は様子見姿勢が強かった。

 ユーロドルは取引前半に1.10ドルちょうど近辺から1.10ドル台前半に小幅上昇したが、その後は同水準で膠着感の強い展開。ギリシャ議会による緊縮財政策の承認を前にユーロも様子見姿勢が強まった。欧州委員会は、ギリシャへの金融支援を再開するまでのつなぎ資金を提供するため、EFSF(欧州金融安定メカニズム)を活用するよう提言。提言によると、つなぎ融資は最長3カ月で、70億ユーロ規模。ギリシャは20日にECB保有の35億ユーロの国債償還を控えているが、EUが検討している金融支援の発動が最短でも7月末であるため、短期の資金繰りが懸念されていた。ただ、同提言に対し英国やチェコなどユーロ不参加国から反対の意見が出ており、英国はSMP利益の利用を提案している。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月15日)

 新興国通貨は対ドルで下落。FRBイエレン議長の議会証言で米利上げ開始観測が強まったことで新興国通貨は売りが先行した。

 IDRはBloombergによると対ドルで小幅下落。6月のインドネシア貿易収支は4.77億ドルの黒字と黒字額が市場予想を小幅下振れ。輸出が前年比12.78%減と市場予想ほどの落ち込みとならなかったが、輸入も同17.42%減と市場予想ほど落ち込まなかった。

 MYRは対ドルで小幅上昇。6月のマレーシアCPIは前年比+2.5%と市場予想を上振れた。

 SGDは対ドルで0.3%の下落。5月のシンガポール小売売上高は前年比6.1%増と市場予想を大きく上振れ。ただ自動車を除くコア売上高は同0.9%増と小幅な伸びに留まった。

 PHPは対ドルで変わらず。5月のフィリピン海外労働者送金は前年比5.8%増と市場予想を上回り、前月から加速した。

 CLPは対ドルで小幅下落。チリ中銀は市場予想通り政策金利を3.00%で据え置き。同中銀は声明で生産と需要は従来のベースシナリオに比べ弱い状態が続いていると指摘。民間内需に対する期待は今年だけでなく来年も落ち込むとの見通しを示した。

 TRYは対ドルで0.6%の下落。4月のトルコ失業率は9.6%と市場予想を下回り、昨年6月以来の低水準に低下。6月のトルコ中央政府財政収支は32.2億リラの黒字と3カ月連続の黒字となった。

 ZARは対ドルで0.8%の下落。5月の南アフリカ小売売上高は前年比2.4%増と市場予想とほぼ同じ伸びだった。

 PLNは対ドルで0.6%の下落。6月のポーランドCPIは前年比-0.8%と市場予想と同じで前月から落ち込み幅が小幅縮小。ただ前月比では横ばいだった。

 RUBは対ドルで1.0%の下落。7月13日までの週のロシアCPIは前週比+0.1%と前週から大きく鈍化。6月のロシア鉱工業生産は前年比4.8%減と市場予想を上回る落ち込みとなった。

 ILSは対ドルで0.3%の下落。6月のイスラエルCPIは前年比-0.4%と市場予想通りで前月から変わらなかった。

米ボストン市の中心部の公園で、巨大なビニールボールを上半身に装着して行う「バブルサッカー」の試合が開催されたそうです。バブルサッカーは、フットサルと同じルールで行われ、1チーム5人でプレー。欧州を中心に人気が広がっているとのこと。今の日本でやったら、蒸し暑くて人気が落ちそうです。

2015年7月15日水曜日

景気を確認するための経済指標(4)

小売売上高

 小売売上高とはコンビニやスーパー、デパートといった小売店での売上高を国全体でまとめた(集計した)金額です。最近ではネットでの買い物が普及しているとはいえ、日々の買い物の多くは小売店でなされています。このため小売売上高は、国全体の買い物の状況を示しているといえます。

 小売売上高は、○○万円といった金額ではなく、前月や前年からどの程度増えたか、もしくは減ったかが注目されます。

 小売売上高が増えていれば、その国の消費(買い物の金額)は増えている、つまり景気も良いと考えられます。小売売上高が市場予想を上回るペースで増えていた場合には、その国の景気は好調であると考えられ、その国の通貨は上がりやすくなります。逆に小売売上高が減っていれば、その国の消費は減っている、つまり景気は悪いと考えられます。特に小売売上高の減るペースが市場予想以上に大きい時には、その国の景気はかなり悪いと考えられます。結果として、その国の通貨は下がりやすくなります。

●小売売上高が市場予想よりも増えた(減った)国の通貨=上がりやすい(下がりやすい)

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月14日)

 7月14日のロンドン市場はユーロが上昇。ユーロドルは取引中盤までに1.09ドル台後半から1.10ドル台前半に上昇。後半は同水準でのもみ合いとなった。5月のユーロ圏鉱工業生産は前年比+1.6%と市場予想を下振れ。しかし同時に発表された7月のドイツZEW景況感は29.7と市場予想を小幅上振れ。現状指数は63.9と市場予想に反し前月から改善し、ドイツ景気の先行き期待を高める内容となった。

 一方、ドル円は取引序盤に123円台半ば近辺まで上昇したが、その後は123円台前半でのもみ合い。米債利回りは上昇基調で推移したものの欧州株はマイナス圏での推移。ドル円の上値を抑えた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月14日)

 新興国通貨はZAR、TRYなど一部が対ドルで上昇したほかは小動きだった。

 INRは対ドルで0.2%の上昇。6月のインドWPIは前年比-2.40%と市場予想や前月より落ち込み幅が小幅拡大。原油安が全体を押し下げる構図に変わりはなかった。

 IDRはBloombergによると対ドルで0.3%の下落。インドネシア中銀は市場予想通り政策金利を7.50%で据え置き。中銀預金ファシリティ金利、貸出ファシリティ金利もそれぞれ据え置かれた。同中銀は会見で年後半の成長率はインフラ整備計画の進捗もあって改善が見込まれると指摘。今年のインフレ目標は達成可能との見方を示す一方、国内消費は依然として弱いと指摘した。

 BRLは対ドルで0.2%の下落。5月のブラジル小売売上高は前年比4.5%減と落ち込み幅が市場予想を上回り、2003年8月以来の大きさに拡大。ブラジル景気の悪化懸念を強めた。

 COPは対ドルでほぼ変わらず。コロンビアのカルデナス財務相は現地TV番組で今年の経常赤字はGDP比6%程度になる見込みだが、許容できるのは5%程度だと発言。またインフレが4%を超えている以上、利下げ余地は限定的との見方を示した。

 PLNは対ドルで0.2%の上昇。6月のポーランドM3は前年比8.3%増と市場予想を上振れ。5月の同国経常収支は11.8億ユーロの黒字とと市場予想を上回り、3カ月連続で黒字額が10億ユーロ超え。輸出が前年比9.8%増と堅調な伸びとなったことで黒字額が押し上げられた。

劇団四季のミュージカル「ライオンキング」大阪公演に出演している主演シンバ役の俳優南晶人さんがライオンキングの衣装を着けて甲子園球場で始球式をしたそうです。私も人前で話をする機会がある時にライオンキングの衣装を着けてみようかと思いました。

2015年7月14日火曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月13日)

 7月13日のロンドン市場はユーロ圏首脳会議でギリシャへの第3次支援が決まったことから円売りが進展。ドル円は取引序盤に122円台後半から123円台半ば近辺まで上昇した。ギリシャ支援の合意を好感し、欧州株、日経平均先物はともに大きく上昇して開始。米債利回りも急上昇し、ドル円の上昇を支えた。

 ユーロ圏首脳会議はギリシャへの金融支援の再開について条件付きで合意。首脳会議は約17時間にも及んだ。EUのトゥスク大統領はギリシャ支援の再開は全会一致だったと発言。欧州委員会のユンケル委員長は、ギリシャのユーロ離脱はないと言明した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月13日)

 新興国通貨はBRL、TRYなど一部を除き対ドルで下落。ユーロと連れ安となる格好で東欧通貨の下げが目立った。

 INRは対ドルで0.2%の下落。6月のインドCPIは前年比+5.40%と市場予想を上回り、昨年9月以来の高い伸びに加速。インド中銀による追加利下げ観測を後退させた。

 BRLは対ドルで0.8%の上昇。ブラジル中銀の週次サーベイでは年末までのUSD/BRL見通しが3.23に上方修正。IPCAなどインフレも上方修正されたが、今後12カ月の見通しは下方修正され、インフレ圧力の強まりは今年いっぱいとの見方が示された。7月12日までの週のブラジル貿易収支は1.7億ドルの赤字。ブラジルの貿易収支の改善が一服した。

 ILSは対ドルで0.3%の下落。6月のイスラエル貿易収支は10.4億ドルの赤字と赤字額が前月から拡大。輸出入ともに前月から減少したが、輸出の落ち込みが大きかった。

 自動車レースF1の昨季総合王者ハミルトンさんが、ドレスコード違反により、テニスのウィンブルドン選手権・男子シングルス決勝のロイヤルボックス席への入場を拒否されていたそうです。ハミルトンさんのこの日の服装は、明るい花柄のシャツと帽子姿だったそうですが、ウィンブルドン・センターコートのロイヤルボックス席での観戦にはジャケットとネクタイ、そしてフォーマルな靴の着用が義務付けられているそうです。私もだらしない格好でオフィスへの入場を拒否されないように気を付けます。

2015年7月13日月曜日

軟調地合いに転ずると思われるイスラエル・シュケル(ILS)

 ギリシャ情勢や中国株の先行き不透明感を背景に新興国通貨が軟調に推移するなか、イスラエル・シュケル(ILS)が底堅い動きを続けている。先週末時点での対ドルでの年初来パフォーマンスは、ILSが3.6%の上昇と、新興国通貨の中ではRUB(7.7%)に次ぐ上昇となっている。

 しかしILSの値動きをよく見ると、対ドルでの上昇基調は6月24日に終了。その後は方向感に欠ける動きが続いている。イスラエルと敵対関係にあるイランは、欧米など6カ国と核開発問題について協議を続けてきたが、交渉期限とされた先月末でも合意には至らず、新たな期限とされた本日(7月13日)にいたっても、日本時間午後1時現在、合意に至っていない。イランのロウハニ大統領は、このまま交渉が決裂すれば、これまで以上の核開発を再開すると述べており、イスラエルの地政学的リスクの高まりがILSの上値を抑えている。

 地政学的リスクの高まりに加え、イスラエルのファンダメンタルズの変化にも注意が必要だ。5月のイスラエルCPIは前月比+0.2%と3カ月連続のプラス。イスラエル経済の重石となり、ILSのサポート材料となっていたデフレ圧力はかなり後退している。

 5月のイスラエル貿易収支(季調値)は9.1億ドルの赤字と前月から赤字額が3億ドルほど拡大。輸出が前年比11.0%減と3カ月ぶりの二桁減となるなど、過去のILS高と原油安の影響で貿易収支の改善に歯止めがかかりつつある。

 一時はバブル化が懸念されていたイスラエルの住宅価格の伸びも鈍化傾向を強めている。3月のイスラエル住宅価格は前年比+3.4%と2012年8月以来の低い伸び。イスラエル中銀による追加緩和のハードルがやや低くなってきた。

 こうしたなか、イスラエル中銀は6月22日、政策金利を0.10%で据え置き。7月6日に公表された会合議事録によると、同中銀の会合メンバーはILS高が輸出増の重石となると指摘し、過剰なILS高に対しては外貨購入策を含めた金融政策で対応する意向を示した。

 本日、イランと欧米6カ国による核協議で合意が成立すれば、ILS買いの動きが強まる場面もあるかもしれないが、イスラエルのファンダメンタルズの変化を考慮すると、ILSの上値追いは無理があるように思える。米国の利上げ開始観測が強まれば、ILSも他新興国通貨と同じように軟調な動きに転ずると予想される。

 USD/ILSの上値の目途は、3月20日の年初来高値(4.068近辺)から6月24日の年初来安値(3.745近辺)の38.2%戻し水準である3.869近辺と200日移動平均線上の3.881近辺と思われる。


2015年7月12日日曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年7月10日)

 7月10日のロンドン市場はユーロ買い・円売りの動きが続いた。ユーロドルは取引前半こそ1.11ドル台前半で方向感に欠ける動きが続いたが、中盤には1.11ドル台後半に上昇。取引終盤には1.12ドルちょうど近辺まで一段高となった。フランスのオランド大統領はギリシャ政府が提出した新提案は真剣なものであり信頼できるとコメント。一部メディアはドイツ政府当局者がギリシャの債務減免は受け入れられないと発言したと報道したが、ギリシャ債務協議での合意成立期待を背景にユーロは買い優勢の展開が続いた。

 ドル円は122円ちょうど近辺から122円台半ば近辺に上昇。ギリシャ債務協議での合意成立期待を背景に欧州株は大きく上昇してスタート。日経平均先物や米債利回りは底堅い動き。ドル円の上昇をサポートした。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年7月10日)

 新興国通貨は対ドルでほぼ全面高。ギリシャ支援協議の合意成立期待を背景に市場のリスク回避姿勢は後退。新興国通貨買いの動きが続いた。

 INRは対ドルで変わらず。5月のインド鉱工業生産は前年比+2.7%と市場予想を下回り、前月分も下方修正された。

 MXNは対ドルで0.7%の上昇。6月のメキシコ名目賃金は前年比4.4%増と前月から小幅加速。5月のメキシコ鉱工業生産は前年比-0.9%と市場予想に反し昨年4月以来の前年割れ。メキシコ景気の回復期待を後退させた。

 COPは対ドルで小幅上昇。コロンビアのカルデナス財務相は今年の成長率は3.5%程度であるとの見通しを表明。COP安は成長回復を助け、原油安の悪影響を相殺するにも資すると述べ、COP安容認姿勢を示した。同国中銀は会合議事録(6月25日開催分)を公表。コロンビア経済は新しい環境に対応しつつあるとし、インフレは3%に収束するだろうとの見通しを共有。インフレ期待はよく抑制されており、同国経済は過剰設備を有しているとの指摘もあった。

 PENは対ドルで小幅上昇。ペルー中銀は市場予想通り政策金利を3.25%で据え置き。同中銀は声明でCPIは今年から来年にかけて目標である2%に終息するとの見方を示したものの、インフレ期待は高まっていると指摘した。

 TRYは対ドルで0.5%の上昇。5月のトルコ経常収支は39.9億ドルの赤字と赤字額が市場予想や前年同月を上振れ。トルコの対外収支改善傾向が一服した。

 RUBは対ドルで1.3%の上昇。5月のロシア貿易収支は153億ドルの黒字と市場予想通りの結果となった。