2014年5月9日金曜日

エコノミストは差別化が難しいのか

私が二十歳代後半のころ、ある都市銀行から私の勤務先に出向された方(当時、部長の肩書)が、私にこんなアドバイス(?)をしてくれました。

エコノミストはアナリストと違って基本的には公開データしか情報源がないから差別化が難しい。君も早くエコノミスト業界から足を洗った方がいい。

(もしかしたら、私がエコノミスト業務に向いていないことを示唆したかったのかもしれませんが)この方は若いころ(おそらく二十歳代)にエコノミスト部署で働いていた経験があるとかで、(経緯は覚えていないのですが)私に親切なアドバイスをしたいとお話してくれました。

この方によると、アナリストはインサイダー情報で差別化できるが、エコノミストがインサイダー情報を得ることはマスコミと違って難しい、とも教えてくれました。

当時の私は、この方の話を聞いて、この方はかわいそうだな、と思いました。今でもその見方に変わりはありません。

エコノミストの基本動作の一つは、政府など各種機関が公表する経済指標のデータを分析することです。この方は、(おそらくですが)分析対象の経済指標が同じなら、誰が分析しても結果は同じ、という前提で私にアドバイスをしてくれたと思っています。

しかし、同じ材料や器具を使っても料理人によって作られる料理の味が異なるように、同じ経済指標を使ってもエコノミストによって出てくる結果(アウトプット)は異なると私は思っています。

また、私が他のエコノミストと似たような結果や結論を出した場合、私の実力はまだまだだなぁと、思うようにしています。

私が思いつきもしなかった結果や結論を提示したエコノミストの方々、これまでに誰も打ち出されたことがなかった結果や結論を提示したエコノミストの方々に対しては、敬意を表するようにしています。

ベンジャミン・フランクリンの十三徳

第1:節制
飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

第2:沈黙
自然に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。

第3:規律
物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。

第4:決断
なすべきことをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。

第5:節約
自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。

第6:勤勉
時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。

第7:誠実
偽りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出だすこともまた然るべし。

第8:正義
他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。

第9:中庸
極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。

第10:清潔
身体、衣服、住宅に不潔を黙認すべからず。

第11:平静
小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。

第12:純潔
性交はもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、これに耽りて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。

第13:謙譲
イエスおよびソクラテスに見習うべし。

韓国がはまった外需依存とウォン高の悪循環(ロイター)

今年1―3月期の韓国の国内総生産(GDP)は昨年10―12月期と同じ前期比0.9%増と市場予想を上回り、前年比では3.9%増と3年ぶりの高い伸びとなった。GDPからみた韓国景気は堅調といえる。

ただ韓国経済は、以前から指摘されているように外需に大きく依存したままである。経常収支黒字は1―3月期に過去最大を更新。GDP成長率に対する寄与度を需要項目別にみると、外需は前期比1.2%増と全体の伸び(同0.9%増)を上回った一方で、GDPの46%を占める家計消費は同0.2%増にとどまった。

家計消費が伸び悩む背景には賃金上昇の弱さがある。昨年10―12月期の家計可処分所得は前年比1.3%増にとどまった。失業率は3%台と低水準での推移を続けているが、賃金上昇につながっていない。

韓国経済が外需主導である以上、内需企業は家計への利益分配を強める余裕はないだろう。また、売り上げ拡大傾向にある輸出企業でも同様と思われる。輸出物価は3月時点で前年比4.2%の低下。同月のウォンの対ドルでの上昇ペースは約3%のため、輸出企業は外貨建てでも価格を年1%程度のペースで引き下げていることになる。輸出企業は外貨建てでの価格引き下げで販売数量の拡大を促しているといえ、こちらも家計(労働者)への利益配分を高める意向は持ちにくいと思われる。

<輸出拡大が止まれば景気失速>

家計消費が弱いままだと、韓国のディスインフレは当面、続くことになる。4月の消費者物価指数(CPI)は前年比プラス1.5%と韓国中銀が定めるインフレ目標レンジ(2.5―3.5%)の下限を大きく下回ったままだ。しかし韓国中銀は、雇用が拡大傾向にあることから、将来のインフレを懸念。同中銀の李総裁は、今後インフレが徐々に高まるとの見方を示しており、市場関係者の多くは今年後半から来年にかけて利上げが実施されるだろうと見込んでいる(5月9日の金融政策決定会合では政策金利は市場の予想通り2.50%に据え置かれた)。

韓国当局はウォン高を阻止すべくウォン売り介入を続けてきたが、今後は介入姿勢を軟化させる可能性も出てきた。国際通貨基金(IMF)は4月、ウォンが最大8%過小評価された水準にあるとの推計を示し、韓国当局がウォン上昇に対し介入する頻度が高いとする報告書を公表した。

また、韓国中銀は4月末、国会に提出した金融安定報告書で、ウォンが対円で上昇すれば輸出比重の高い一部の製造業の収益性が多少悪化する可能性はあるが、全般的に収益性の下落幅は大きくなく、否定的影響は制限的との見方を示した。

北朝鮮との地政学リスクを除けば、中国景気の急激な悪化やウクライナ情勢の緊迫化といったイベントリスクの高まりでウォンが売られる展開も期待しにくい。主要格付け機関3社による韓国ソブリン債格付けはシングルAプラスからダブルAマイナスと新興国の中ではシンガポールや香港に次ぐ高い格付けを有している。市場のリスク回避姿勢が強まれば、ウォンはむしろ安全資産として選好される可能性すらある。

経常収支黒字が過去最高を更新する一方で、ディスインフレは継続。金融当局は利下げどころか利上げを視野に入れつつある状況のなか、韓国当局による通貨安介入が手控えられ、イベントリスクに対しても比較的強固であるならば、韓国ウォンは上昇基調が続くとみるべきだろう。

5月に入り、ウォン相場は節目とされる1ドル=1030ウォンを下回り、1020ウォン台と2008年8月以来のウォン高水準に達した。次の節目は1000ウォンちょうどとなるが、米債利回りの低下などでドルが軟化する場面ではウォンは1ドル=900ウォンと07年末以来のウォン高水準を目指す展開も考えられる。

足元でのウォン円相場は100ウォン=10円近辺と年初来のウォン高・円安水準に上昇しているが、仮に1ドル=102円程度の水準が維持されるのであれば、100ウォン=11円を超えるウォン高・円安水準に達することになる。

仮に筆者の見方通りウォン高が進展した場合、韓国輸出企業は輸出競争力を維持すべく、賃金を抑制する姿勢を強めると予想される。これは家計消費がさらに抑制されることにつながり、韓国経済の外需依存度はさらに強まることになる。

そして懸命な努力の結果、経済が拡大を続ければ、ウォンはさらに上昇する。この悪循環から抜け出すには経済構造を外需依存型から内需主導型に脱却するしかないが、それは短期間でできることではない。

結局、ウォン高が是正されるのは、韓国輸出企業がウォン高に耐え切れず、輸出拡大が止まるときだろう。その場合、韓国景気は一気に失速することになる。

*村田雅志氏は、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨ストラテジスト。三和総合研究所、GCIキャピタルを経て2010年より現職。

*本稿は、ロイター日本語ニュースサイトの外国為替フォーラムに掲載されたものです。
http://jp.reuters.com/article/jp_forum/idJPKBN0DP01W20140509

2014年5月8日木曜日

ペルー・政策金利(現在4.00%)

明日午前8時にペルー中銀は政策金利を発表する。政策金利は4.00%で据え置かれる見込みである。

1日に発表された4月のペルーCPIは前年比+3.52%と市場予想を小幅上回り前月(同+3.38%)から加速した。ペルーCPIは目標レンジ(1~3%)の上限を上回ったままだが、景気減速懸念からペルー中銀は当面、政策金利を据え置く見込みである。

チリ・CPI(2014年4月)

本日午後9時に4月のチリCPIが発表される。市場予想では前年比+3.9%と前月(同+3.5%)から加速する見込みである。

5月6日に公表されたチリ中銀の会合議事録(4月17日開催分)では、3月のCPIの伸びはサプライズだったが、インフレの高まりはCLP安と商品価格の上昇によるもので、一時的な伸びにとどまるとの見解が示された。また同中銀による利下げ局面は依然として続いており、景気減速がインフレを抑制するとの見方が強調された。

5月15日の中銀会合では政策金利は据え置かれるだろうが、今年は利下げバイアスがかかりやすい状態が続くとみている。

南アフリカ・製造業生産(2014年3月)

本日午後8時に3月の南アフリカ製造業生産が発表される。市場予想では前年比2.9%増と前月(同1.4%増)から加速する見込みである。ただ伸びは弱いまま。南アフリカ景気の弱さはZARの重石となっている。

4月のカギソ製造業PMIは47.4と市場予想(50.2)を下回り、2012年12月以来の低水準に落ち込んだ。内訳をみると、景気の先行指標とされる新規受注が43.5と2009年8月以来の低水準を記録した。5月22日に南アフリカ中銀は金融政策決定会合を開催するが、追加利上げは難しいだろう。

ハンガリー・鉱工業生産と貿易収支(ともに2014年3月)

本日午後4時に3月の鉱工業生産と貿易収支が発表される。鉱工業生産は前年比+7.2%と高い伸びが維持される見込み。貿易収支は8.6億フォリントの黒字と前月(7.6億フォリントの黒字)から黒字額が拡大する見込みである。

ハンガリー経済は依然としてデフレリスクが残っているが、景気は加速している。このためハンガリー中銀による利下げは先月で終了したとみていいだろう。5月14日には中銀会合議事録(4月29日開催分)が公表されるが、ここで利下げ打ち止めに関する材料が提示される可能性がある。

トルコ・鉱工業生産(2014年3月)

本日午後4時に3月のトルコ鉱工業生産が発表される。市場予想では前年比+3.7%と前月(同+4.9%)から鈍化する見込みである。

4月のトルコCPIは前年比+9.38%と市場予想を大きく上回り、2012年4月以来の高い伸びとなった。トルコのエルドアン首相は同国中銀に迅速に利下げを実施するよう要求しているが、インフレが高止まりしており、トルコ中銀は利下げに動けない。同中銀が利下げに動くとすれば年後半かもしれないが、インフレが目標レンジ(3~7%)の中に収まるかは定かではない。

マレーシア・政策金利(現在3.00%)

本日午後7時にマレーシア中銀は政策金利を発表する。政策金利は3.00%で据え置かれる見込みである。

今年と来年のマレーシア成長率は5%近辺が見込まれているように、マレーシア景気は緩やかな回復基調を続けている。ただ、インフレ圧力は高まっており、マレーシア中銀は当面、政策金利を据え置き続けるだろう。

フィリピン・政策金利(現在3.50%)

本日午後5時にフィリピン中銀は政策金利を発表する。政策金利は3.50%で据え置かれる見込みである。ただ同中銀は信用拡大に歯止めをかけるために預金準備率を引き上げるとみられている。フィリピン中銀は現時点ではインフレ抑制よりも金融システムの安定化に注力しているようである。

インドネシア・政策金利(現在7.50%)

インドネシア中銀は本日、政策金利を発表する。政策金利は7.50%で据え置かれる見込みである。

5日に発表された第1四半期のインドネシアGDPは前年比5.21%増と市場予想(同5.59%増)を下回り、前期(同5.72%増)から減速した。一方、4月の同国CPIは前年比+7.25%と前月(同+7.32%)から小幅鈍化した。仮にインドネシア景気が鈍化傾向を続ければ、インドネシア中銀は年後半にハト派寄りの姿勢を強めると思われる。