2016年9月16日金曜日

マーク・ファーバーのコメント(2016年9月)

よき知人でもあるマーク・ファーバー博士からレポートが届きました。
以下に内容を簡単にご紹介します。

**************************

今年11月8日に米大統領選が実施される予定です。
言い換えると投票まで2カ月を切りました。

ご存じのように
民主党の予備選ではヒラリー・クリントン氏が
共和党ではドナルド・トランプ氏が指名されています。

なお、いわゆる第3党の
リバタリアン党からはゲーリー・ジョンソン元ニューメキシコ州知事、
米緑の党からはジル・スタイン医師が指名され、
また、多数の無所属候補が出ていますが、
大旋風を巻き起こすまでには至っていないようです。

今回のレポートでは、一部には“究極の選択”といわれる大統領選で
クリントン氏もしくはトランプ氏が当選した場合、
世界情勢、財政・金融政策、債券・株式・通貨・コモディティ市場に
どのような影響が予想されるか考察しています。

博士としては、
共和党も民主党も“本流”は同じ穴のムジナとなっており
(マスコミの“本流”はそのプロパガンダを担っている)

失敗続きの既得権益層・エリート・ネオコンを代表し、
また政治家としての誠実さに問題をみせたクリントン氏よりも

政治的に未知数で、人格的に問題があっても、
民衆とつながり、国際協調的、実利主義であるトランプ氏のほうが
持続的成長に欠かせない「平和」、
ひいては投資環境の観点からもマシである
という意見のようです。

さて、金価格の横ばいが7月から続いており、
一部には天井感から値崩れの声も出てきました。

しかし、博士は依然として
「貴金属価格が長期的に著しく上昇しないという
 どんなシナリオも描くことが難しい」というスタンスです。

レポートでは貴金属が業界人に嫌われる理由と
その背景についても指摘しています。

マーク・ファーバー博士の月刊マーケットレポート

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年9月15日)


 9月15日のロンドン市場はドルが上値の重い動きとなった。ドル円は取引序盤に102円台前半から102円台半ば近辺に上昇。しかし米長期債利回りは低下基調で推移。ドイツ株が前日終値水準でもみ合いとなり、ドル円は102円台半ば手前での推移に転じた。取引終盤に入り、米短期債利回りも低下基調を強めると、ドル円は102円台前半とロンドン市場開始当初の水準に小幅下落した。

 ユーロドルは1.12ドル台前半からじり高の動きとなり、取引中盤を過ぎる頃には1.12ドル台半ばでの推移。7月のユーロ圏貿易収支(季調値)は200億ユーロの黒字と黒字額が市場予想を下回ったが、同時に発表された8月のユーロ圏CPI(確定値)は前年比+0.2%と速報値から変わらず。ユーロを下支えした。取引後半に入ると、ユーロは伸び悩み、ユーロドルは1.12ドル台半ば手前で膠着感が強まった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年9月15日)

 新興国通貨は対ドルでアジア通貨やMXNが軟調に推移したものの、他は底堅い動きとなった。

 IDRはBloombergによると対ドルで0.2%の上昇。8月のインドネシア貿易収支は2.9億ドルの黒字と黒字額が市場予想を下回った。

 SGDは対ドルで変わらず。7月のシンガポール小売売上高は前年比2.8%増と市場予想を上回る伸び。ただ自動車を除くコア売上高は同3.1%減と市場予想を上回る減少を記録した。

 INRは対ドルで0.2%の下落。一部米系TVはインド商工省の関係筋の情報としてINR切り下げを提案すると報道したが、商工相は報道を否定した。

 PHPは対ドルで0.5%の下落。7月のフィリピン海外労働者送金は前年比5.4%減と予想外の前年割れとなった。

 PENは対ドルで0.3%の上昇。7月のペルー経済活動指数は前年比+3.8%と市場予想を下振れ。8月のペルー失業率は6.8%と市場予想に反し前月から改善した。

 COPは対ドルで0.7%の上昇。7月のコロンビア小売売上高は前年比3.3%減と市場予想を上回る減少。同月同国の鉱工業生産は同-6.2%と市場予想に反し大幅な前年割れとなった。

 RUBは対ドルで0.6%の上昇。9月9日のロシア金・外貨準備高は3996億ドルと前週から増加した。

 ILSは対ドルで0.3%の上昇。8月のイスラエルCPIは前年比-0.7%と市場予想や前月を上回る低下を記録した。

本日もよろしくお願いいたします。

2016年9月15日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年9月14日)


 9月14日のロンドン市場は円が上昇。ドル円は取引前半こそ103円台前半で推移していたが、中盤に102円台半ば近辺に下落。後半は102円台後半で上値の抑えられる展開となった。ドイツ株は小幅プラス圏で推移。米債利回りも動意に欠けたが、東京市場後半にドル円は伸び悩み。高値警戒感もあり円買い戻しの動きが優勢となった。

 一方、ユーロドルは1.12ドル台前半で方向感に欠ける動き。7月のユーロ圏鉱工業生産は前年比-0.5%と市場予想より低下率が小幅。前月分も上方修正されたがユーロの反応は限定的だった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年9月14日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。BRL、MXNが続落となる一方で、EMEA通貨は底堅く推移した。

 INRは対ドルでほぼ変わらず。8月のインドWPIは前年比+3.74%と市場予想を下回ったものの5カ月連続の加速となった。

 THBは対ドルで変わらず。タイ中銀は市場予想通り政策金利を1.50%で据え置き。同中銀は声明で金融政策は依然として緩和的で、THB高は景気回復の恩恵ではないとの見方を示した。

 CNYは対ドルで小幅上昇。8月の中国資金調達総額は1.47兆元と市場予想を大きく上回り、同月同国の新規元建て融資も9487億元と市場予想を上振れ。同月同国のM2は前年比11.4%増とこちらも市場予想を上回った。

 ILSは対ドルで変わらず。第2四半期のイスラエル経常収支は26.7億ドルの黒字と黒字額が4期連続で縮小した。

 ZARは対ドルで0.6%の上昇。7月の南アフリカ小売売上高は前年比0.8%増と市場予想を下回り、前月分も下方修正された。

 PLNは対ドルで0.6%の上昇。8月のポーランドM3は前年比10.0%増と市場予想を小幅下回った。

 RUBは対ドルで0.2%の上昇。9月12日の週のロシアCPIは前週比横ばいだった。

BOEはプラスチック製の新たな5ポンド札の流通を開始したそうです。BOEカーニー総裁は、ロンドンの屋台で煮え立つチキンカレーの鍋に新札を浸すパフォーマンスでその耐久性を証明してみせたとのこと。そのチキンカレーをパフォーマンス後に誰が食べたのか心配です。

2016年9月14日水曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年9月13日)


 9月13日のロンドン市場は円買いの動きが後退した。ドル円は取引前半に102円ちょうど近辺から101円台後半に小幅下落。しかし後半には再び102円ちょうど近辺に反発し、終盤には102円台前半に上昇した。ドイツ株は小幅プラス圏で推移したものの、米債利回りは小幅低下。市場のリスク選好姿勢が強まったわけではないが、ドル円は円売り戻しの展開となった。

 ユーロドルは1.12ドル台前半で方向感に欠ける動き。第2四半期のユーロ圏雇用は前年比1.4%増と前期と変わらず。9月のドイツZEW企業景況感は+0.5と市場予想を下回り、前月と変わらず。ユーロの上値を重くした。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年9月13日)

 新興国通貨は対ドルで下落。中南米通貨や資源国通貨の下げが目立った。

 KRWは対ドルで0.6%の下落。8月の韓国失業率は3.8%と市場予想に反し前月から悪化した。

 CNYは対ドルで変わらず。8月の中国鉱工業生産は前年比+6.3%と市場予想を小幅上回り、5カ月ぶりの高い伸びに加速。同月同国の小売売上高は同10.3%増と市場予想通り。固定資産投資(年初来)は同8.1%増と前月と同じ伸びを維持した。

 BRLは対ドルで1.9%の下落。9月7日のブラジルFIPE・CPIは前月比+0.05%と市場予想を下振れ。7月のブラジル小売売上高は前年比5.3%減とほぼ市場予想通りだったが、前月分が小幅上方修正された。

 ZARは対ドルで1.3%の下落。第2四半期の南アフリカ経常収支は赤字額がGDP比3.1%と市場予想を上回り、前期のGDP比5.3%の赤字に上方修正された。

 CZKは対ドルで0.2%の下落。7月のチェコ経常収支は301.2億コルナの赤字額が市場予想を大きく上回り、昨年5月以来の大きさに拡大した。

 ILSは対ドルで0.3%の下落。8月のイスラエル貿易収支は11.4億ドルの赤字だった。

 PLNは対ドルで0.3%の下落。7月のポーランド経常収支は8.0億ユーロの赤字と赤字額が市場予想を上振れ。8月の同国コアCPIは前年比-0.4%と市場予想通り前月と変わらずだった。

オックスフォード英英辞典が改定され、「splendiferous」「yogalates」「moobs」などの新語が追加されたそうです。だけど私のPCに搭載されているスペルチェックではyogalatesとmoobsがスペルミスとして表示されます。

2016年9月13日火曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年9月12日)



 9月12日のロンドン市場は円高、ドル高の展開だった。ドル円は取引序盤に102円台半ば近辺から102円台前半に下落。ロンドン市場に入り米債利回りは上昇したが、ドイツ株は下げて開始。円買いの動きを促した。ドル円は円買い一服後、いったんは102円台前半で下値を固める動きを見せたが、中盤には102円ちょうど近辺に下落。後半も上値の重い動きが続き、終盤には101円台後半に下落した。

 一方、ユーロドルは1.12ドル台後半から1.12ドル台前半に下落。この日はユーロ圏主要国で注目される経済指標もなく、やや材料難。米債利回りの上昇とドイツ株の下落を受けてユーロは対ドルで売り優勢だった。

 NY市場は円が底堅く推移する一方でドル買いの動きは後退した。この日は米国も注目される経済指標の発表がなかったが、取引序盤にアトランタ連銀のロックハート総裁が講演。同総裁は経済状況は利上げの真剣な議論を正当化すると述べ、追加利上げに前向きな姿勢を見せた。一方、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、ロックハート総裁の講演からやや遅れて米系メディアとのインタビューで発言。次回FOMC会合に予断を持っていないとしながらも、緊急な対応が必要な状況とは考えていないと述べ、9月FOMCでの追加利上げに慎重な見方を示した。

 両総裁が違う見方を示したこともあり、米債利回りは方向感に欠ける動きとなり、ドル円は101円台後半、ユーロドルは1.12ドル台前半でそれぞれ反応薄。しかし取引中盤に近付き下げて始まった米国株がプラス圏に浮上すると、ドル円は102円ちょうど近辺に小幅上昇。その後は同水準で小動きとなった。

 取引後半に入りFRBブレイナード理事が講演を開始。同理事は講演で金融政策を引き締める論拠は弱いと述べ、講演後の質疑応答では利上げを支持する前に、個人消費の拡大を示す指標とインフレ加速の兆しを確かめたいと発言。9月FOMCでの追加利上げに慎重な見方を示した。同理事の発言を受けて、ドル円は101円台後半から102円ちょうど近辺の間で、ユーロドルは1.12ドル台善花kら1.12ドル台後半の間で、それぞれ大きく上下に反応。ただ講演終了後、米債利回りが低下すると、ドル円は101円台後半、ユーロドルは1.12ドル台前半で、それぞれ小幅な値動きに落ち着いた。 

 FEDメンバー3社の発言には統一感がなく、それぞれの思いが示された格好。9月FOMCでの追加利上げを完全に否定したわけではないものの、追加利上げの確度が高まったとも言えず、市場の方向感に欠ける反応は素直なものに思える。追加利上げの環境は整いつつあるが、先行きに対する自信の有無が追加利上げの是非につながっているように見え、経済指標の強弱だけで追加利上げの有無を客観的に判断することは意味がないようにも思える。

 こうした状況ゆえに、日本時間9月22日早朝のFOMC結果発表を目にするまで、市場参加者の多くはポジションを大きく変えることに躊躇すると思われ、ドル相場も大きな方向感を示さないように思われる。本日も米国では主だった経済指標の発表が予定されていないこともあり、本日東京市場でのドル円は101円台後半から102円台前半での範囲で動意に乏しい展開が予想される。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年9月12日)

 新興国通貨は対ドルで方向感に欠ける動き。アジア通貨が軟調に推移する一方、資源国通貨は買い優勢となった。

 INRは対ドルで0.4%の下落。8月のインドCPIは前年比+5.05%と市場予想を小幅下振れ。7月のインド鉱工業生産は前年比-2.4%と市場予想に反し3カ月ぶりの前年割れを記録した。

 BRLは対ドルで0.8%の上昇。9月のブラジルIGP-M(一次速報値)は前月比+0.38%とほぼ市場予想通りで前月から小幅加速。ブラジル中銀の週次サーベイでは年末までのUSD/BRL見通しが3.25に小幅下方修正された。9月11日時点のブラジル貿易収支は14.9億ドルの黒字と前月並みの黒字ペースだった。

 CLPは対ドルで小幅上昇。チリ中銀のエコノミストサーベイでは12月時点のインフレ見通しが3.4%と前月から小幅下方修正。ただ次回会合時の政策金利見通しは3.50%と現水準と変わらずだった。

 MXNは対ドルで0.3%の上昇。8月のメキシコANTAD既存店売上高は前年比1.7%増と市場予想を下回った。

 ILSは対ドルで0.4%の下落。イスラエル中銀は会合議事録(8月29日結果は発表分)を公表。金利据え置きの決定は全会一致だったことが判明した。

村上春樹さんが芥川賞を受賞していないことは存じ上げていましたが、山田詠美さんが受賞していないのを昨日知りました。三島由紀夫さんが受賞していないのはさきほど知りました。すみませんが、オチはありません。

2016年9月12日月曜日

方向感に欠ける動きが続くと予想されるフィリピン・ペソ(PHP)

 フィリピン・ペソ(PHP)の伸び悩みが目立ち始めている。アジア通貨における対ドルでの年初来パフォーマンスを見ると、PHPはフラット(0.0%)で、CNYの-2.9%、INRの-0.8%のようにマイナスにはなっていないが、KRW(+6.6%)、MYR(+5.5%)、IDR(+5.3%)、TWD(+4.5%)など他多くのアジア通貨に比べると、PHPの弱さが目立つ。

 PHPが他アジア通貨に対して弱い一方で、フィリピン景気はアジア各国の中で高成長を維持している。第2四半期のフィリピンGDPは前年比7.0%増と市場予想に反し前期から加速。同期の成長率がフィリピンを上回ったのは、アジアの中ではインド(同7.1%増)のみだ。

 フィリピン景気の先行き期待も盛り上がりつつある。今年6月末に大統領に就任したロドリゴ・ドゥテルテ氏は、麻薬犯罪者に対する強硬的な姿勢や国連、米オバマ大統領に対する暴言などで日本で知られているようだが、同氏は経済政策としてインフラ投資を任期中に現在の5%台から7%に引き上げ、法人税率を現在の30%から25%程度に引き下げるべく、すでに活動を始めている。経済発展に対するドゥテルテ大統領の強い意欲を背景に海外からの資本流入が拡大する展開も期待される。

 インフレは他アジア各国に比べ底堅く推移している。8月のフィリピンCPIは前年比+1.8%、コアCPIは同+2.0%と2%近辺を維持。韓国、台湾、タイ、マレーシアなど多くのアジア国が、景気低迷を背景にディスインフレ気味で推移しているのと対照的である。底堅いインフレは、金融緩和観測を後退させ、PHPをサポートしている。

 景気が堅調で海外からの資本流入も拡大が期待され、インフレも底堅ければ、PHPが他アジア通貨に比べ高パフォーマンスをあげても不思議ではないはずだが、フィリピンの貿易収支の悪化がPHPの重石となっている。フィリピン貿易収支は今年1月に26.4億ドルの赤字と過去最高の赤字額を記録。2月には11.0億ドルの赤字と赤字額がいったん縮小したが、4月以降は20億ドルを超える赤字が続き、7月には20.5億ドルの赤字と前年同月比39.2%増を記録した。今後も景気は内需を中心に堅調に推移すると見込まれる一方、世界景気の先行き不透明感は強いことから、フィリピンの貿易収支が早期に改善に向かうとは考えにくい。

 フィリピン労働者の海外からの送金(海外労働者送金)は、昨年後半から増加ペースが鈍化している。昨年上期に前年比9.4%増に加速した海外労働者送金は、昨年下期には同0.3%増へと大幅減速。今年上期も3.2%増と伸び悩んでいる。中東では原油安の定着でアジアの出稼ぎ労働者の解雇や給与不払いが多発しているとの報道もあり、フィリピン・べリオ労働雇用相は9千人以上もいるフィリピン労働者をサウジアラビアから帰国させる意向を表明している。今後も海外労働者送金は、伸び悩みが続くと思われる。

 公言はしていないものの、フィリピン政府・当局はPHP高を抑制する意向があると思われる。PHP高の抑制は貿易収支の悪化に歯止めをかける効果が期待されるほか、年間3兆円程度とされるフィリピンへの海外労働者送金のPHP建てでの目減りを防ぐ効果もある。インフレは2%程度と懸念する水準にはなく、PHP高をあえて容認する必要はない。

 中長期的な経済発展も視野に入れれば、現在のPHPは割安感が強いように思われるが、経済発展する新興国ならではの貿易収支の悪化や政府の意向を考えると、短期での大幅上昇も期待しにくいのも事実。貿易収支の改善などPHP買いの材料を経済指標などで確認するまで、PHP相場は様子見姿勢のままだろう。USD/PHPは年始から続いている46~48のレンジ内で方向感に欠ける動きが続くと予想される。