2015年8月14日金曜日

長老からの圧力のガス抜きに思える人民元の切り下げ

 市場のリスク回避姿勢を強めた人民元安の動きは、ようやく落ち着きを見せつつある。中国人民銀行が発表する人民元レートの基準値は、本日(8月14日)1ドル=6.3975元と、昨日の基準値(6.4010元)や、前日の市場終値(6.3990元)に比べ元高・ドル安水準。基準値公表後の人民元レートは、基準値から小幅減安方向での推移となったが、午後の人民元レート6.40ちょうど近辺で膠着感を強めている。

 中国人民銀行(人民銀)は昨日(13日)、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が力強いことを踏まえると、人民元が継続的に下落する根拠はないとの声明を発表。その後、人民銀の張暁慧・総裁補佐は会見で、11日からの元安の進展により人民元に蓄積していた下落圧力は解き放たれたと発言。元相場が将来的に上昇する可能性があるとの見方も示し、中国当局による元安姿勢は後退したとの見方が強まった。

 元安の動きが収まりつつあることから、市場には安堵感が広がりつつあるが、中国当局が人民元の切り下げに踏み切った理由は現時点でも不明なままである。元切り下げの前日(10日)までの年初来パフォーマンス(対ドル)をみると、人民元は変わらず。一方で新興国通貨は、ほとんどが下落。人民銀が元切り下げ後に人民元の実質実効レートは市場の期待とかい離しているとの認識を示したように、中国当局が景気減速を背景に人民元の割高感解消に動いたとの見方が有力視されている。

 しかし中国景気の減速は、今に始まったことではい。むしろ中国当局は、元の切り下げを決めるまで、基準値と実勢レートのかい離を容認し、場合によっては元買い介入を実施してきた。習近平主席は9月に訪米を控えており、米国政府が忌避する元切り下げを訪米直前のタイミングで実施するのも不自然だ。仮に景気減速だけが元切り下げの理由であるならば、利下げや財政支出の拡大といった景気刺激策も併せて実施してもおかしくない。元切り下げの理由を景気減速だけに求めるのは無理があるように思われる。

 あくまで推測の域を出ないが、今回の元切り下げは、共産党旧指導部(いわゆる長老)による習近平政権への圧力の高まりを反映した動きなのかもしれない。中国共産党は、毎年7月末から8月初めにかけ、河北省の避暑地である北戴河に現指導部と長老が集まり、北戴河会議と呼ばれる非公式の会合を開く。一部報道によると、今年の北戴河会議では、中国景気の減速に関し、長老が現指導部を激しく非難。人民元の大幅切り下げで景気の立て直しに成功した朱鎔基元首相らは、人民元の切り下げを主張したという。

 習近平主席とすれば、このまま元切り下げを拒否し、長老からの圧力を受け続けるくらいなら、自ら主導権を発揮し元切り下げに動くのも一つの手となる。また、人民元の基準値を実勢レートに近付ける形で切り下げることは、習政権が進めてきた人民元の変動相場制への移行に沿った動きとも言える。

 仮にこの推測が正しいのであれば、今回の元切り下げの目的は、長老からの圧力を和らげるガス抜きといえ、習政権が目指してきた経済構造改革路線に変わりはないことになる。そもそも人民元を5%程度切り下げたところで、中国景気の減速が解消に向かうとは考えにくい。中国政府の元切り下げ姿勢が後退したままで、追加の景気刺激策が取られないのであれば、中国景気の減速は続くとの見方が再び強まり、世界景気の先行き懸念も続くことになるだろう。

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年8月13日)

 8月13日のロンドン市場は、ドル、ユーロともに膠着感の強い展開となった。ドル円は124円台半ば近辺での推移。欧州株は反発して始まったものの、その後は方向感に欠ける動き。日経平均先物は小動きとなり、米債利回りも方向感に欠ける動き。ドル、ユーロは様子見姿勢が強まった。

 ECBは定例理事会の議事録(7月15、16日開催分)を公表。メンバーは、ユーロ圏経済が米国に比べ大きく後れを取っていると指摘。地政学的要因やギリシャの支援協議、中国を含む新興国の成長見通しを中心に、脅威と脆弱性が残っているため、現状に満足すべき理由は全くないとした。また金融政策は、景気やインフレを考慮すると現在の政策が適切としたものの、現況には厳しさが残り、下振れリスクがあるとし、必要であれば行動する用意があるという理事会の意思を伝えることで現状維持の判断を補完する必要があると述べた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年8月13日)

 新興国通貨は対ドルで売り優勢。原油先物価格の下落が嫌気された。

 PHPは対ドルで小幅上昇。フィリピン中銀は市場予想通り政策金利を4.00%、SDRを2.50%で、それぞれ据え置き。同中銀のグイニガンド副総裁は、フィリピン景気が潤沢な流動性によって支えられていると指摘。同中銀のテタンコ総裁は、世界景気が減速しているものの、エルニーニョの影響でインフレ圧力は高まる可能性があるとの認識を示した。また同中銀はPHPの変動を抑えることを目的にPHP買い介入を実施したことを明らかにした。

 MXNは対ドルで0.8%の下落。メキシコ中銀は会合議事録(7月31日開催分)を公表。政策金利は現状維持で決定されたが、メンバー一人は25bpの利上げを主張していたことが判明。また今回の会合での参加メンバーは4名のみだったことも明らかになった。

 PLNは対ドルで小幅上昇。7月のポーランドM3は前年比8.6%増と市場予想を上回り、4カ月ぶりの高い伸び。同月同国のCPIは前年比-0.7%と市場予想に反し、前月から落ち込み幅が小幅縮小。6月の同国経常収支は8.5億ユーロの赤字と市場予想に反し4カ月ぶりの赤字となった。

 RUBは対ドルで0.7%の下落。8月7日時点のロシア金・外貨準備高は3580億ドルと前週から増加した。

 TRYは対ドルで1.6%の下落。USD/TRYは一時2.82台後半と過去最高(TRY最安値)を更新した。トルコのダウトオール首相は公正発展党(AKP)と最大野党で中東左派の共和人民党(CHP)との連立競技が失敗したことを発表。再選挙実施の公算が大きいとの認識を表明した。組閣期限は今月23日。

スウェーデン南部ロンネビ沖のバルト海で火災で沈没したとされる15世紀のデンマークの軍艦からライオンのような耳、ワニのような顎を持つ「海の怪獣」を表した木彫りの船首像が引き揚げられたそうです。木って腐らないんですね。

2015年8月13日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年8月12日)

 8月12日のロンドン市場は、ドルが下落基調で推移。ドル円は125円手前から124円台前半に下落する一方、ユーロドルは1.10ドル台後半から1.11ドル台半ば近辺に上昇した。欧州株は寄り付きに大きく下げて始まり、その後も上値が抑えられる展開。日経平均先物も軟調な推移となった。米債利回りは上昇基調で推移したものの、株安を背景に市場のリスク回避姿勢が強まる展開。ドル売りの動きが続いた。

 ポンドは英経済指標を受けて下落する場面もあったが、総じてみれば底堅く推移した。7月の英失業率は2.3%と市場予想通り前月から変わらず。同月同国の英失業保険申請件数は4.9千件の減少となり、英雇用環境の底堅さを示した。しかし同時に発表された6月の英週平均賃金(3カ月平均)は前年比2.4%増と市場予想を下回り3カ月ぶりの低い伸び。これを受けてポンドドルは1.56ドルちょうど近辺から1.55ドル台半ば近辺に下落した。その後、ポンドドルは1.55ドル台後半で方向感に欠ける推移が続いたが、下値は堅い動き。取引終盤に入るとドル売りの動きもあって、ポンドドルは1.56ドルちょうど近辺と英経済指標が発表される直前の水準に上昇した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年8月12日)

 新興国通貨は対ドルで上昇。東欧通貨の上昇が目立った。

 INRは対ドルで0.9%の下落。6月のインド鉱工業生産は前年比+3.8%と市場予想を小幅上振れたが、前月分は小幅下方修正。7月のインドCPIは前年比+3.78%と市場予想を下回り、昨年11月以来の低い伸びとなった。

 BRLは対ドルで0.2%の下落。6月のブラジル小売売上高は前年比2.7%減とほぼ市場予想通りの結果となった。

 MXNは対ドルで0.2%の上昇。7月のANTAD既存店売上高は前年比6.8%増と市場予想を上回る高い伸び。メキシコ中銀は四半期インフレ報告を公表。GDP成長率見通しは今年が1.7~2.5%と従来の2~3%から下方修正。来年は2.5~3.5%で据え置かれた。インフレ見通しは今年いっぱい3%を下回ると予想。MXN安による物価押し上げ効果(パススルー)がインフレ期待を悪化させると指摘した。

 RUBは対ドルで小幅上昇。8月10日までの週のロシアCPIは前週比横ばいと前週から変わらず。日次平均で見てもインフレは前週から変わらなかった。

米ミネソタ州北部の小さな町で3歳の男の子が町長に就任したそうです。この町の住人は22人で、町長は夏祭りに行われるクジで選ばれるとのこと。住民が少ないと、子供でもそれなりの重責が与えられるのですね。

2015年8月12日水曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年8月11日)

 8月11日のロンドン市場は、ドル、ユーロともに方向感に欠ける動きとなった。ドル円は124円台後半での推移。取引終盤に125円ちょうど近辺に上昇する場面もあったが、125円台に乗せることはなく上値は抑えられた。欧州株は輸出銘柄中心に下落。日経平均先物、米債利回りはともに上値の重い展開となったが、ドル円は下値の堅い動きとなった。

 ユーロドルは取引序盤に1.09ドル台後半から1.10ドル台前半に上昇後、同水準での推移が続いた。取引序盤にギリシャと同国債権団が第3次救済策の条件で合意したことが伝わったことでユーロは買いが先行。ギリシャ財務省は3年間で約850億ユーロの支援を獲得したと公表。EU報道感は最後の詰めを行っていると述べたが、ギリシャ支援は合意内容通りに実施されるとの見方が広がった。8月のドイツZEW景況感は25.0と市場予想に反し前月から悪化したが、ユーロ売りの反応は限定的だった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年8月11日)

 新興国通貨は一部東欧通貨を除き対ドルで下落。元切り下げや原油安が嫌気された。

 BRLは対ドルで1.2%の下落。8月7日までの週のブラジルFIPE・CPIは前月比+0.84%と前月から加速。一方、8月のブラジルIGP-M(1次速報値)は前月比+0.10%と市場予想を下回り、6カ月ぶりの低水準に鈍化。ムーディーズは外貨建てブラジル債格付けを「Baa2」から「Baa3」に引き下げ、格付け見通しを「安定的」にすると発表。同社は格下げの理由として予想以上に弱い景気、財政改革に対する政治的合意の欠落、政府債務の継続的な悪化見通しを指摘した。

 MXNは対ドルで0.9%の下落。6月のメキシコ鉱工業生産は前年比+1.4%と市場予想を小幅上回ったが、弱い伸びに留まった。

 HUFは対ドルで小幅上昇。7月のハンガリーCPIは前年比+0.4%と市場予想を下回る弱い伸び。ただコアCPIは同+1.3%と3カ月連続で同じ伸びとなった。

 TRYは対ドルで変わらず。6月のトルコ経常収支は33.6億ドルの赤字と赤字額が市場予想を上回ったが、前年同月からは19.5%の減少。トルコの経常収支の改善傾向は続いた。

 ILSは対ドルで0.4%の下落。7月のイスラエル貿易収支は9.35億ドルの赤字と赤字額が前年同月から28.3%減少した。

 ZARは対ドルで1.0%の下落。6月の南アフリカ製造業生産は前年比-0.4%と市場予想ほど落ち込まなかったが、3カ月連続の前年割れとなった。

 RUBは対ドルで1.2%の下落。6月のロシア貿易収支は137.8億ドルの黒字と黒字額市場予想を下振れ。輸出は前年比25.6%減、輸入は同38.3%減と、両者ともに大幅減少基調が続いた。

暑いせいか、何も思い浮かびません。

2015年8月11日火曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年8月10日)

 8月10日のロンドン市場はドルが底堅く推移した。ドル円は124円台半ば近辺から124円台後半に上昇。一方、ユーロドルは1.09ドル台後半から1.09ドル台前半に下落。欧州株は先週末終値水準で方向感に欠ける動き。日経平均先物も動意に欠ける展開となる中、米短期債利回りは小幅上昇。FRBのフィッシャー議長は、一部米系メディアとのインタビューで現在のインフレの大部分は一時的なものだと述べ、原油その他資源の低価格に伴う影響が消失した後は、いずれ状況は安定するだろうから、今の低水準が永遠に続くことはないと発言。ドル買いの動きをサポートした。

 NY市場はドルが下落した。アトランタ連銀のロックハート総裁は、会合での挨拶で米国は失業率の低下に成功したと発言。現在の失業率(5.3%)は完全雇用状態を若干上回る水準に過ぎないと述べた。その後発表された7月の米労働市場情勢指数は+1.1とほぼ市場予想通りの結果。ただ前月分は小幅上方修正された。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年8月10日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢となった。

 INRは対ドルで小幅下落。7月のインド国内自動車販売は前年比17.5%増と3カ月ぶりの高い伸び。インド景気の先行き期待を高めた。

 BRLは対ドルで2.0%の上昇。8月9日までの週のブラジルIPC-Sは前月比+0.53%とほぼ市場予想通りの伸び。ブラジル中銀の週次サーベイでは年末までのUSD/BRL見通しが3.40に上方修正された。8月9日までの週のブラジル貿易収支は7.3億ドルの黒字と輸入減少を背景に貿易黒字の定着が続いた。

 CZKは対ドルで0.5%の上昇。7月のチェコCPIは前年比+0.5%と市場予想を下振れ。同月同国の失業率は6.3%と市場予想通りで、前月から小幅上昇した。

 HUFは対ドルで0.3%の上昇。6月のハンガリー貿易収支は8.2億ユーロの黒字と黒字額が市場予想を上回った。

 ILSは対ドルで変わらず。イスラエル中銀は会合議事録(7月27日開催分)を公表。政策金利を0.10%で据え置く決定は全会一致だったことが判明した。

 RUBは対ドルで1.7%の上昇。7月のロシア軽自動車売上高は前年比27.5%減とほぼ市場予想通りの落ち込み。第2四半期のロシアGDPは前年比4.6%減と市場予想を小幅上回る落ち込みとなった。

2015年8月10日月曜日

結局、今後も原油価格次第のコロンビア・ペソ(COP)

 コロンビア・ペソ(COP)の下落が続いている。COPは対ドルで先週、一時2970台と、2003年3月に記録した過去最安値(2980ちょうど)に迫る動き。COPの年初来パフォーマンス(対ドル)は、先週末時点で19.1%と、新興国通貨の中ではブラジル・レアル(BRL)の24.2%に次ぐ2番目に大幅な落ち込みとなっている。

 COP下落の背景は原油価格の下落である。NY原油先物価格は、一時60ドル台を回復したが、イランの経済制裁解除に伴う供給増加懸念を背景に7月からは下落基調で推移。先週末は43ドル台と3月中旬に記録した年初来安値に近付いた。

 原油はコロンビアの輸出の5割近く(2013年で47%)を占め、財政収支にも大きな影響を与えている。コロンビアの輸出(ドル建て)は昨年10月以来、前年割れが続いており、6月は前年比31.5%減と大きく落ち込んだ。コロンビア中央政府の財政収支(12カ月累計値)は、6月に204.7億ドルの赤字と2カ月連続で赤字が縮小したものの、昨年(2014年)の赤字額(198.5億ドル)を上回ったままである。

 コロンビアの第1四半期GDPは前年比2.8%増と2期連続で減速し、2012年第3四半期以来の低い伸び。4、5月の小売売上高や鉱工業生産は、第1四半期から減速感を強めており、第2四半期のGDP成長率がさらに鈍化する可能性を示唆している。

 一方、コロンビアのインフレは加速が一服している。6月のコロンビアCPIは前年比+4.46%と3カ月連続で4.4%台。4月に記録した同+4.64%からは(小幅だが)鈍化している。COP安は続いているものの、原油価格も下落し、景気は減速。コロンビア中銀が指摘するように、コロンビアのインフレはCOP安が進んだものの、今後は景気減速を主因に鈍化傾向を強めることも期待できる。

 インフレの加速懸念が後退したことから、コロンビア債は他新興国債に比べ下値の高い動きとなっている。コロンビア10年債利回りは、先週末時点で7.358%と、年初から25.8bp程度の上昇。他新興国10年債利回りの年初から先週末までの上昇幅を見ると、ブラジルが147.6bp、トルコが161.0bp、ペルーが137.0bp、インドネシアが64.8bp、とそれぞれ上昇しており、COPが大きく下落していることも踏まえると、コロンビア債の下値の堅さが目立つ。

 これまでCOP安を歓迎してきたコロンビア当局者からも、COPのさらなる下落を警戒する声が出てきた。コロンビア中銀の8月1日の金融政策決定会合では、政策金利が4.50%で据え置かれたものの、一部メンバーからは利上げが提案された。また同中銀のウリベ総裁は、COP安がコロンビアの輸出をサポートするとしたものの、同国のインフレ期待を悪化させる可能性があると明言。同国のカルデナス財務相は、先週もCOP安がインフレ目標の脅威にはならないと発言しているものの、中銀サイドからCOP安を警戒する声が出始めていることは、これまでにはない変化と言える。

 インフレが落ち着きを見せつつある中、中銀がCOP安によるインフレリスクを警戒していることから考えると、過去最安値に近付いたCOPが徐々に下げ止まるとみるのが自然のように思える。しかし原油価格が、さらに下落すれば、原油安による悪影響を相殺すべくCOPも連れ安になる展開も捨て切れない。結局のところ、COPの今後は原油価格次第と言えそうだ。

 USD/COPの上値の目途は、過去最安値水準である2980近辺と心理的節目である3000ちょうど近辺。6月末のCOPの名目実効レートは85.1だが、仮に過去最安値である66.7(2003年10月)まで下落するとし、その下落率を機械的に用いると、USD/COPは3317程度まで上昇することになる。

2015年8月9日日曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2015年8月7日)

 8月7日のロンドン市場は、ドル、ユーロともに様子見姿勢の強い展開となった。ドル円は124円台後半、ユーロドルは1.09ドル台前半で、それぞれ方向感に欠ける動きを続けた。欧州株は下落して始まったものの、その後は前日終値水準に向けて下げ幅を徐々に縮める動き。一方、米債利回りや日経平均先物は動意に乏しく推移。この日の夜に発表される米雇用統計の発表を見極めたいとの思惑が、ドル、ユーロの値動きを小さくした。

 ポンドは英貿易収支を受けて小幅上昇した。6月の英貿易収支は16.0億ポンドの赤字と赤字額が市場予想を下振れ。ポンドドルは1.55ドルちょうど近辺から1.55ドル台前半に上昇した。ただ、その後のポンドは、ドル、ユーロと同じように様子見姿勢が強く、ポンドドルは1.55ドル台前半での小動きを続けた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2015年8月7日)

 新興国通貨は対ドルで買い戻し優勢となった。

 TWDは対ドルで小幅上昇。7月の台湾貿易収支は36.2億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上振れ。ただ輸出は前年比11.9%減と市場予想を上回る落ち込み。輸入が同17.4%減と市場予想を上回る落ち込みとなったことで貿易黒字は膨らんだが、台湾景気の先行き懸念が強まった。

 IDRはBloombergによると対ドルで小幅下落。7月のインドネシア外貨準備高は1075.5億ドルと5カ月連続で減少し、昨年5月以来の低水準となった。

 MYRは対ドルで0.4%の下落。7月のマレーシア外貨準備高は967億ドルと2010年9月以来の低水準に減少した。

 BRLは対ドルで0.8%の上昇。前日にブラジル中銀はBRL買い介入に相当する通貨スワップのロール規模を拡大させることを発表した。7月のブラジルIGP-DIは前年比+7.43%と4カ月連続で加速し、昨年4月以来の高い伸び。同月同国のIPCAは前年比+9.56%と、こちらは7カ月連続の加速。2003年12月以来となる9%台に達した。

 MXNは対ドルで1.0%の上昇。7月のメキシコCPIは前年比+2.74%とほぼ市場予想通りで1974年の統計開始以来、最低の伸びを更新。コアCPIは同+2.31%と過去最低の伸びに並んだ。

 CLPは対ドルで0.3%の上昇。7月のチリCPIは前年比+4.6%と市場予想通り前月から加速。7月のチリ貿易収支は1100万ドルの黒字と市場予想を大きく下振れ。輸出が前年比17.3%減と大きく落ち込んだことが響いた。

 HUFは対ドルで0.5%の上昇。6月のハンガリー鉱工業生産は前年比+6.0%と市場予想を小幅上振れた。

 TRYは対ドルで0.2%の下落。6月のトルコ鉱工業生産は前年比+5.5%と市場予想を上回り、昨年1月以来の高い伸びとなった。S&Pはトルコ軍によるイスラム国空爆の動きがトルコ財政悪化につながる恐れがあると指摘。再選挙も含めた政局不透明感がトルコ景気に悪影響を及ぼす可能性があるともコメントした。

東京地方は少しだけ暑さが和らいだ気がします。よい日曜日をお過ごしください。