2016年4月30日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年4月29日)

 4月29日のロンドン市場は東京時間に引き続きドル売り優勢の展開となった。この日は日本が休日だったが、朝方からドル売り優勢でドル円は108円台前半から107円台後半に下落し、ユーロドルは1.13ドル台半ばから1.13ドル台後半に上昇。その後、中国人民銀行が人民元の基準値を0.56%と2005年7月以来の大きさの元高(ドル安)方向に設定すると、ドル円は107円ちょうど近辺に下落と年初来安値を更新。その後、107円台前半に反発したが、上値は抑えられたままだった。ユーロドルは1.13ドル台後半で小幅上昇した。

 午後に入り、ドル安の動きは落ち着き、ドル円は107円台前半、ユーロドルは1.13ドル台後半でそれぞれ小動きを続けたが、ロンドン市場に入り、ドイツ株が下げて始まると、ドル円は107円割れとなる一方、ユーロドルは1.14ドルちょうどを上抜けるなど再びドル売りの動き。ただ、その後は米債利回りが下値の堅い動きを示したこともあって、ドル円は107円ちょうど付近で膠着感強く推移した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月29日)

 新興国通貨は対ドルで多くが上昇した。

 KRWは対ドルで小幅下落。5月の韓国景況判断は製造業が73、非製造業が75とともに前月から上昇。一方、3月の韓国鉱工業生産は前年比-1.5%と市場予想に反し前年割れとなった。

 TWDは対ドルで変わらず。第1四半期の台湾GDPは前年比0.84%減と市場予想を下振れ、2009年第3四半期以来の大幅減少となった。

 SGDは対ドルでほぼ変わらず。3月のシンガポールM2は前年比2.1%増と4カ月ぶりの高水準に加速した。

 THBは対ドルで0.3%の上昇。3月のタイ製造業生産は前年比+1.8%と市場予想に反し3カ月ぶりの前年超え。同月同国の設備稼働率は72.5と2013年3月以来の高水準に回復した。同月同国の経常収支は49.5億ドルの黒字と黒字額が市場予想を上回った。

 BRLは対ドルで1.4%の上昇。3月のブラジル失業率は10.9%と市場予想を上回り、2012年の統計開始以来最悪を更新。同月同国の製造業PPIは前年比+6.13%と10カ月ぶりの低水準に鈍化。同月同国の基礎的財政収支は106億レアルの赤字と赤字額が市場予想を上回った。

 CLPは対ドルで変わらず。3月のチリ鉱工業生産は前年比+3.9%と市場予想を上振れ。一方、同月同国の小売売上高は同1.4%増と市場予想を下回り、失業率は6.3%と市場予想を上回った。

 MXNは対ドルで0.5%の上昇。第1四半期のメキシコGDPは前年比2.7%増と市場予想を上回った。

 COPは対ドルで0.9%の上昇。3月のコロンビア失業率は10.1%と前月から小幅悪化。コロンビア中銀は政策金利を50bp引き上げ7.00%にすると発表。事前予想では25bpの利上げを見込む声の方が多かった。同中銀のウリベ総裁は今回の決定は全会一致ではないと説明。インフレ期待は利上げに反応しているとの認識を示した。

 RUBは対ドルで小幅上昇。4月のロシア・マークイット製造業PMIは48.0と市場予想に反し前月から低下。ロシア中銀は市場予想通り政策金利を11.00%で据え置き。同中銀は声明でインフレが鈍化基調になる可能性があると指摘。インフレリスクが低下したら、緩やかな利下げを開始する可能性があるとの認識を示した。

 ZARは対ドルで0.4%の上昇。3月の南アフリカM3は前年比10.3%増と市場予想を上振れ。3月の南アフリカ貿易収支は29億ランドの黒字と市場予想に反し3カ月ぶりの黒字。同月同国の財政収支は184.4億ランドの赤字と赤字に転落した。

 HUFは対ドルで0.7%の上昇。3月のハンガリーPPIは前年比-1.6%と前月から変わらなかった。

 TRYは対ドルで0.6%の上昇。3月のトルコ貿易収支は49.5億ドルの赤字とほぼ市場予想通りの結果だった。

 CZKは対ドルで0.9%の上昇。3月のチェコM2は前年比9.5%増と前月から加速した。

 PLNは対ドルで1.6%の上昇。4月のポーランドインフレ予想は0.2%で前月と同じ。同月同国のCPIは前年比-1.1%と市場予想を上回る低下となった。

よい週末をお過ごしください。

2016年4月29日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年4月28日)

 4月28日のロンドン市場は、円、ユーロがともに小動きとなった。ドル円は108円台前半で方向感に欠ける動き。取引前半には108円を割り込む場面もみられたが、米債利回りが下げ渋ったほか、ドイツ株や日経平均先物は下げ止まり。円買いの動きが広がることはなく、取引中盤には持ち直した。ただ後半に入るとドル円の上値は重くなり、終盤には再び108円ちょうどに下げる場面もあった。

 ユーロドルは1.13ドル台半ばを挟んでのもみ合い。取引序盤に発表された4月のドイツ・ザクセン州CPIは前月比-0.2%とマイナスとなる一方、同時に発表された4月のドイツ失業者数は1.6万人減と市場予想に反し7カ月連続の減少。その後発表された4月のユーロ圏景況感は103.9と市場予想を上回ったが、米債利回りが下値の堅い動きを続けたこともあってユーロドルの上値は抑えられたまま。取引終盤に発表された4月のドイツCPIが市場予想通りだったとはいえ前月比-0.2%と3カ月ぶりの低下に転じたこともユーロの重石となった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月28日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢。原油先物価格が底堅く推移したことから中南米通貨の上げが目立った。

 KRWは対ドルで0.9%の上昇。3月の韓国ディスカウントストア売上高は前年比4.6%減と2カ月連続の前年割れ。同月同国の百貨店売上高も同0.3%増と伸び悩んだ。

 SGDは対ドルで0.3%の上昇。第1四半期のシンガポール失業率は1.9%と市場予想に反し前期から変わらなかった。

 BRLは対ドルで対ドルで1.0%の上昇。ブラジル中銀は市場予想通り政策金利を14.25%で据え置き。決定は全会一致。同中銀は声明でインフレやインフレ期待は高いままで、柔軟な金融政策を取る余地はないとの考えを示した。4月のブラジルIGP-Mは前年比+10.63%とほぼ市場予想通り。3月のブラジルローン残高は前月比0.7%減と3カ月連続の減少。同月同国の中央政府財政収支は79億レアルの赤字と赤字額が市場予想を下回った。

 HUFは対ドルで0.3%の上昇。3月のハンガリー失業率は6.0%と市場予想に反し前月から小幅低下した。

 TRYは対ドルで小幅上昇。3月のトルコ外国人観光客は12.8%減と2006年10月以来の大幅な減少を記録した。

 ZARは対ドルで0.7%の上昇。3月の南アフリカPPIは前年比+7.1%と市場予想を下回り、3カ月ぶりの低水準に鈍化した。

 RUBは対ドルで0.7%の上昇。4月22日のロシア金・外貨準備高は3886億ドルと前週から小幅増加した。

よい休日をお過ごしください。

2016年4月28日木曜日

下値不安が強い中でのドル円の先行き

 日本銀行は本日(4月28日)の金融政策決定会合で政策方針の現状維持を賛成多数で決定。マイナス金利には木内、佐藤の両審議委員が反対票を投じ、量的・質的緩和については木内委員が引き続き反対した。

 一部メディアは、金融政策決定会合前(4月22日)に日銀が金融機関に対する貸し出しにマイナス金利の適用することを検討している様子と報道。事前調査では回答者の6割程度が何らかの追加緩和を予想していたが、そうした期待は裏切られた。

 このためか市場関係者の一部からは、日銀が市場との対話に失敗したとの声も出ているようだが、今回の追加緩和見送りは、筆者にとって意外感はない。決定会合の開催中、ドル円は111円を超え、日経平均株価は1万7千円台を維持するなど金融市場は安定的で、4月初めに直面した緊急事態はひとまず回避された状態。今後、英国のEU離脱を問う国民投票や米大統領選といったビッグイベントが控えており、金融市場が再び混乱する可能性がゼロではない以上、日銀が追加緩和策を温存するのも不思議ではない。

 日本政府による景気刺激策に対する期待が日銀の追加緩和の先送りにつながった可能性も考えられる。本日発表された3月の鉱工業生産は前月比3.6%の上昇と市場予想を上回ったが、1-3月期は前期比1.1%の低下。4月以降は熊本地震による減産の影響もあり、4-6月期も2期連続のマイナスとなる可能性は否定できない。日本景気の先行き不透明感は強いままだ。

 日本時間4月15日のG20声明では、世界経済の回復維持のため、金融政策だけでなく、財政政策や成長戦略も含めた総合的な対応を行使することが盛り込まれており、日本政府としては熊本地震に対する復興支援も含め大規模な景気対策を実施しやすい環境にある。5月26、27日の伊勢志摩サミットで、安倍首相が消費税率引き上げの再延長を宣言するといった演出を予想する声もある。

 ただ日銀・黒田総裁は会見で、これまでと同様に、さらなる追加緩和に前向きな姿勢を示したものの、追加緩和を見送った理由について明言を避けた。2%インフレ目標の達成時期を2017年度前半頃」から「2017年度中」へと先延ばししただけに、この後の日銀の政策運営の不透明性は強まったように思える。

 ドル円は日銀の発表直後に111円台後半から108円台後半に急落。いったんは109円台前半に反発したが、黒田日銀総裁の会見後には一時108円割れと、この日の高値から4円近い下げを記録した。ここまで大きく、かつ一気に円高が進んでしまうと、日銀の影響力が低下したとの印象も強まらざるを得ない。

 明日(4月29日)から日本は大型連休に突入。為替市場の流動性が薄くなりがちな日本時間の朝方から午後3時くらいにかけて投機的な円買いの動きが強まり、ドル円が年初来安値である107円台半ば近辺や心理的な節目である105円ちょうどを割り込む、などといったもっともらしい予想を目にする機会が増えるかもしれない。

 しかし日銀の追加緩和見送りの前に発表された連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を忘れてはならない。FOMCは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25~0.50%に据え置き。決定は9対1で、カンザスシティ連銀のジョージ総裁が前回に続き25bpの利上げを主張し、反対票を投じた。

 声明では、前回会合で「引き続きリスクをもたらしている」と指摘された海外経済と金融情勢が、インフレ指標とともに「緊密に注視し続ける」対象に移された。FOMCは海外経済と金融情勢による米国景気の下振れ懸念を後退させたと解釈できる。中期的にはインフレが2%に復帰する、との見方が維持されたことも考慮すれば、6月開催のFOMCでの利上げ再開に対し判断を前進させたとみるのが自然だろう。

 米国が利上げ再開に向けて判断を前進させる一方、日銀の黒田東彦総裁は毎会合で追加緩和を検討する可能性を示唆。米連邦準備理事会(FRB)が利上げを続ける一方で、日銀は金融緩和を続けるという金融政策の違い(ダイバージェンス)は続いたままだ。

 米国景気は、第2四半期以降、回復基調が強まると予想される。4月16日終了週の米新規失業保険申請件数は24.7万件と1973年以来の低水準を記録。4月の米雇用統計でも非農業部門雇用者数は20万人程度の増加が見込まれるなど、米国の労働市場の改善はさらに続くだろう。

 米景気との連動性が強いことで知られるISM製造業景況は3月に51.8と昨年7月以来の高水準に回復。内訳では先行性が強いとされる新規受注が58.3と2014年11月以来の高水準を記録しており、第2四半期の米景気の急回復を予感させる。

 経済指標を通じ、米景気の持ち直しが確認されれば、米成長率が年率2%超に回復するとの見方が強まるだろう。米景気の回復はFRBによる利上げ継続期待を強め、ドル円は下値を固める展開が期待される。

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年4月27日)

 4月27日のロンドン市場は、ドルがやや底堅く推移したものの、主要通貨はFOMCを前に様子見姿勢を強めた。ドル円は取引前半に111円台前半から111円ちょうど近辺に下落したが、中盤に持ち直し、後半は111円台前半で推移。米債利回りが膠着感を強める中、ドイツ株は小幅プラス圏で推移。日経平均先物はじり高の動きを続け、円売りの動きをサポートした。

 ユーロドルは1.13ドル台前半から1.13ドルちょうど近辺に下落。3月のユーロ圏M3は前年比5.0%増と市場予想通り。米債利回りが膠着感を強める中、ドイツ債利回りが低下したことでユーロドルは下落基調で推移した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月27日)

 新興国通貨は多くが対ドルで上昇。ただCOPを除き多くは上昇幅が小幅だった。

 KRWは対ドルで0.2%の上昇。4月の韓国消費者信頼感は101と前月から小幅上昇した。

 BRLは対ドルで0.4%の上昇。4月22日のブラジルFIPE・CPIは前月比+0.60%と小幅ながら市場予想を下回り、前週から鈍化した。

 CLPは対ドルで0.2%の上昇。チリ中銀は会合議事録(4月13日結果発表分)を公表。政策金利を3.50%で据え置いたのは全会一致での決定。ただ25bpの利上げが議論されたことも判明したが、一方で、クレジット状態が引き締められており、インフレ圧力は需要の弱さを背景に弱まるとの見方も示された。

 MXNは対ドルで0.3%の上昇。3月のメキシコ失業率は4.19%と市場予想に反し前月から小幅ながら低下した。

 RUBは対ドルで小幅上昇。4月25日のロシアCPIは前週比+0.1%と前週から鈍化した。

あるアイドルグループが新潟で開催するイベント(総選挙?)にあわせて、新潟-東京間を結ぶ上越新幹線、新潟県内の在来線である信越本線、白新・羽越本線、越後線などで臨時列車が運行されることが決定したそうです。私のセミナーでも臨時列車が運行されるようにがんばります。

2016年4月27日水曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年4月26日)

 4月26日のロンドン市場はドルが対円を除き軟調に推移した。ドル円は取引中盤まで110円台後半で動意に乏しく推移。米債利回りは底堅く推移する一方、上げて始まったドイツ株は前日終値水準へとじり安の動き。ドル円の上値を抑えたが、取引後半に入ると、米債利回りが上昇基調となりドル円は111円ちょうど近辺に上昇した。

 一方、ユーロドルは取引中盤まで上昇基調が続き、1.12ドル台後半から1.13ドルちょうど近辺に上昇。取引後半に入ると米債利回りの上昇を背景にユーロドルは1.12ドル台後半に下落したが、ロンドン市場序盤を上回る水準を維持した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月26日)

 新興国通貨は対ドルで上昇。原油先物価格の上昇でRUBなど資源国通貨が買い優勢。東欧通貨もユーロ高を背景に底堅く推移した。

 BRLは対ドルで1.0%の上昇。4月のブラジルFGV建設コストは前月比+0.41%と市場予想とほぼ同じで前月から鈍化。同月同国のFGV消費者信頼感は64.4と過去最低を更新した。

 MXNは対ドルで1.1%の上昇。3月のメキシコ貿易収支は1.6億ドルの黒字と市場予想に反し1年ぶりの黒字に転換。輸入が前年比6.7%減となったことで貿易収支が改善した。2月のメキシコ経済活動IGAEは前年比+4.11%と2013年4月以来の高い伸びを記録した。

 HUFは対ドルで0.2%の上昇。ハンガリー中銀は市場予想通り政策金利を15bp引き下げ1.05%にすると発表。翌日物預金金利はマイナス0.05%で据え置かれた。同中銀は声明でインフレ目標達成のために小幅での追加利下げを続ける意向を表明。ハンガリーのバルガ経済相は2018年に付加価値税の引き下げを計画していると発表した。

 野球のルールを定めた1857年の米文書が競売にかけられ、約320万ドルと、予想価格(約100万ドル)を大幅に上回り、スポーツ関連アイテムとしては過去3番目に高い値で落札されたそうです。私が小学生の時に書いた日記はもう少ししてから出品したいと思います。

2016年4月26日火曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年4月25日)

 4月25日のロンドン市場はドルが対欧州通貨中心に上値の重い動きとなった。ユーロドルは取引序盤に1.12ドル台前半から1.12ドル台半ば近辺に小幅上昇。その後は同水準でもみ合う動きを続けた。4月のドイツIFO企業景況感は106.6と市場予想や前月を小幅下振れ。しかし米債利回りは上値の重い動きとなる一方で欧州株は下げ幅を縮める動き。ユーロドルをサポート
した。

 ドル円は111円台前半で動意に乏しく推移。米債利回りの動きがドル円の重石となる一方、欧州株が下げ幅を縮めたことで下値もサポートされた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月25日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。原油先物価格が下落したことでMXN、COPが下落。一方、東欧通貨はPLNを除き対ドルで上昇した。

 BRLは対ドルで0.4%の上昇。ブラジル中銀の週次サーベイでは今年末のインフレ見通しが下方修正。政策金利見通しも13.25%へと2週連続で下方修正された。3月のブラジル連邦政府債務は前月比2.38%増と2カ月連続のプラス。4月24日までのブラジル貿易収支は35.8億ドルの黒字と前月並みのペースで黒字が拡大した。

 MXNは対ドルで0.8%の下落。2月のメキシコ小売売上高は前年比9.6%増と市場予想を大きく上回り、月次調査が始まった2009年以来最大の伸びを記録した。

 COPは対ドルで0.7%の下落。3月のコロンビア小売業信頼感は25.5と前月とほぼ同じ。同月同国の鉱工業信頼感は4.1と3カ月ぶりの低水準に低下した。

 HUFは対ドルで小幅下落。4月のハンガリー企業景況感は+2.2と前月から低下し、2014年8月以来の低水準。一方、同月同国の消費者信頼感は-21.1と前月から改善した。

 CZKは対ドルで0.5%の上昇。4月のチェコ企業景況感は+12.7、同月同国の消費者信頼感は+2.0といずれも3カ月連続で悪化し、6カ月ぶりの低水準になった。

 PLNは対ドルで0.7%の下落。3月のポーランド失業率は10.0%と市場予想通り前月から低下した。

 TRYは対ドルで小幅上昇。4月のトルコ企業景況感は105.7と前月から小幅上昇。同月同国の設備稼働率は75.3%と市場予想を上回り、4カ月ぶりの高水準に上昇した。

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の英国人宇宙飛行士がロンドン・マラソンに宇宙空間から参加し完走したそうです。レーススタートに合わせステーション内でランニング装置を使用したとのこと。タイムは3時間35分21秒だったそうです。地球に戻ったらお風呂で汗を流していただければかと思います。

2016年4月25日月曜日

対ドルで軟調な推移に転じそうな韓国ウォン(KRW)

 韓国景気は冴えない状態が続いている。明日(4月26日)発表される第1四半期GDPは、前年比2.7%増と前期(同3.1%増)から鈍化する見込み。韓国中銀は19日に今年の成長率見通しを2.8%と、昨年10月時点の3.2%、今年1月時点の3.0%からさらに下方修正した。

 韓国景気の先行きを期待する声は少ない。韓国政府は、第1四半期に6兆ウォンの追加支出に踏み切ったが、景気全体を押し上げるには力不足。失業率が2月に4.1%と6年ぶりの高水準に悪化したことから個人消費に大きな期待は持ちにくい。

 輸出の減少基調も続いている。3月の韓国輸出は前年比8.1%減と15カ月連続の前年割れ。4月も同9.5%減と前年割れが続く見込みである。韓国輸出の6割弱を示すアジアの景気は中国を中心に減速中。一昨年から増加を続けた対米輸出も昨年秋口から前年割れとなっており、韓国の輸出が早期に増加に転ずるとは考えにくい。

 景気減速の強まりを背景に、韓国当局は景気刺激の必要性を指摘している。韓国中銀の李総裁は、韓国景気が前例にない難局に直面していると発言。同中銀の経済見通しでは、今年のインフレが1%台前半(平均で1.2%)で推移するとの見通しを示し、追加利下げの可能性を示唆した。また同国朴大統領は、財政が経済活動に積極的にかかわる必要があると述べ、追加支出に意欲的な姿勢を示した。

 一部からは韓国からの資本流出の恐れや家計の債務残高の拡大を指摘し、韓国中銀が大幅な金融緩和に踏み切れないとの見方もでている。しかし、韓国の短期対外債務は2008年第3四半期の1901億ドルをピークに減少基調で推移し、昨年末は1087億ドルまで縮小。昨年12月に韓国議会に提出された金融安定報告書によると、同国金融機関の流動性カバレッジ(=高流動資産÷資金流出量、短期の流動性流出への対応能力)は、昨年9月時点で103.8%と、2015年の目標である80%や、2019年の目標である100%を上回っている。以前のようなイメージとは異なり、韓国金融システムは改善されたとみていいだろう。

 韓国ウォン(KRW)は、3月から対ドルで上昇基調で推移し、先週は一時1128台と昨年11月4日以来のKRW高を記録した。しかし、米国の追加利上げが視野に入りつつある一方で、韓国中銀が利下げに踏み切れば、KRWは対ドルで軟調な推移に転じるとみられる。USD/KRWの上の節目は、4月初めの高値である1160近辺、2月29日の高値(1245.1近辺)から4月20日の安値(1128.4近辺)の38.2%戻し水準である1173近辺と61.8%戻し水準の1200ちょうど近辺が見込まれる。


2016年4月24日日曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年4月22日)

 4月22日のロンドン市場はユーロが上値の重い動きとなった。ユーロドルは取引中盤まで1.12ドル台後半で方向感に欠ける動きを続けたが、後半に1.12ドル台半ば近辺に下落。終盤に1.12ドル台後半に小幅反発したが上昇は続かず、引けにかけては1.12ドル台半ば近辺に再び下落した。4月のドイツ製造業PMIは51.9と市場予想を上回ったが、サービス業PMIは54.6と市場予想に反し前月から低下。同月のユーロ圏製造業PMIも51.5と市場予想に反し前月から低下。ユーロの重石となった。

 ドル円は底堅く推移した。取引前半は110円台後半で推移していたが、中盤に入り米債利回りが低下すると、110円台前半に下落。しかし後半に米債利回りが上昇基調に転じ、ドイツ株が下げ幅を縮める動きに転ずると、ドル円は110円台後半に上値を切り上げる形で上昇した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年4月22日)

 新興国通貨はRUBを除き対ドルで下落した。

 TWDは対ドルで小幅下落。3月の台湾失業率は3.92%と市場予想や前月とほぼ変わらず。同月同国の鉱工業生産は前年比-3.57%と市場予想に反し前月から低下率が縮小した。

 BRLは対ドルで1.0%の下落。2月のブラジル経済活動指数は前年比-4.54%と低下率が市場予想を下回り、7カ月ぶりの小幅低下となった。

 CLPは対ドルで0.5%の下落。3月のチリPPIは前年比-5.5%と低下率が9カ月ぶりの小幅になった。

 MXNは対ドルで変わらず。4月上旬のメキシコCPIは前年比+2.60%と市場予想を下振れ。しかしコアCPIは同+2.79%と市場予想を上回り、前月から加速した。

よい日曜日をお過ごしください。