2016年5月7日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年5月6日)

 5月6日のロンドン市場は円、ユーロなど主要通貨は動意に欠ける展開となった。ドル円は107円ちょうど手前でもみ合い。ドイツ株、日経平均先物はともに小幅マイナス圏での推移が続いたが、米債利回りは膠着感が強く推移。この日発表される米雇用統計の結果を見極めたいとの思惑も強く、ドル円は様子見姿勢が強かった。

 ユーロドルは1.14ドル台前半で推移。4月のユーロ圏小売業PMIは47.9と昨年2月以来の低水準に低下したが、ユーロ売りの反応は見られず。ユーロドルもドル円と同様に様子見姿勢の強い展開となった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月6日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチだった。

 MYRは対ドルで変わらず。3月のマレーシア貿易収支は111.9億リンギットの黒字と市場予想を大きく上振れ。輸出が前年比0.2%増と市場予想に反し前年割れを回避。一方、輸入は同5.5%減と市場予想を大きく上回る減少となった。

 BRLは対ドルで0.9%の上昇。フィッチはブラジル債格付けを従来の「BB+」から「BB」に1段階引き下げ。同社は格下げの理由として、予想を上回る経済縮小や、政局不安による財政再建の不確実性を指摘した。4月のブラジルIGP-DIは前年比+10.46%と市場予想通り。同月同国のIPCAは同+9.28%と、ほぼ市場予想通りで、両者ともに前月から小幅鈍化した。

 COPは対ドルで小幅下落。4月のコロンビアCPIは前年比+7.93%と市場予想を小幅下振れ。コアCPIは同+6.02%と前月から小幅鈍化した。

 MXNは対ドルで小幅上昇。4月のメキシコ消費者信頼感は88.9と市場予想や前月を下回った。

 CLPは対ドルで0.2%の上昇。4月のチリCPIは前年比+4.2%と市場予想通り前月から鈍化した。

 HUFは対ドルで0.5%の下落。3月のハンガリー鉱工業生産は前年比-2.4%と市場予想に反し、2013年5月以来の前年割れ。同月同国の貿易収支は9.7億ユーロの黒字と黒字額が市場予想や前月を小幅下回った。

 CZKは対ドルで変わらず。3月のチェコ小売売上高は前年比5.0%増と市場予想を下回った。

 PLNは対ドルで0.6%の下落。ポーランド中銀は市場予想通り政策金利を1.50%で据え置き。同中銀は声明で現在の政策金利水準はポーランド経済の均衡ある拡大と安定を維持するのに資する水準であると指摘。今年初めに同国景気は減速するが一時的で、その後は再び堅調に拡大するとの見方を示した。なおポーランド政府は同国中銀の新総裁としてグラピンスキ現審議委員を指名した。ベルカ現総裁は6月11日の任期を待たずに退任する。

よい週末をお過ごしください。

2016年5月6日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年5月5日)

 5月5日のロンドン市場はドルが対欧州通貨中心に底堅く推移した。ユーロドルは1.15ドルちょうど手前から1.14ドル台前半に下落基調で推移。米債利回りは小高く推移する一方、ドイツ債利回りは低下基調で推移。この日はユーロ圏主要国で主だった経済指標の発表はなかったが、ユーロは売り優勢となった。

 ポンドドルは取引前半に1.45ドル台前半から1.44ドル台後半に下落。4月の英サービス業PMIは52.3と市場予想を下振れ。ポンドを下押しした。取引中盤にポンドドルは1.45ドルちょうど近辺に反発したが、後半には1.44ドル台半ば近辺に下落。終盤は1.45ドルちょうど近辺に再び反発したが、上値は抑えられた。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月5日)

 新興国通貨は対ドルでマチマチ。TRYが買い戻される一方、東欧通貨は下げが目立った。

 TWDは対ドルで小幅下落。4月の台湾CPIは前年比+1.88%と市場予想を上振れ。一方、同月同国のWPIは同-4.23%と市場予想を小幅上回る低下となった。

 PHPは対ドルで0.3%の下落。4月のフィリピンCPIは前年比+1.1%、コアCPIは同+1.5%と、ともに市場予想に反し前月と同じ伸びに留まった。

 MYRは対ドルで0.3%の下落。マレーシア政府は政府系投資会社1MDBで同国ナジブ首相がトップを務める諮問委員会を今月末で解散すると発表した。

 BRLは対ドルで0.2%の上昇。ブラジル中銀は会合議事録(4月28日結果発表分)を公表。2017年にインフレを目標とする4.5%に誘導するために追加措置を講ずる必要があると指摘された。

 CLPは対ドルで0.5%の上昇。3月のチリ経済活動指数は前年比+2.1%と市場予想通り前月から鈍化。同月同国の名目賃金は同5.4%増と市場予想に反し前月と同じ伸びを維持した。

 MXNは対ドルで0.4%の下落。メキシコ中銀は市場予想通り政策金利を3.75%で据え置き。同中銀は声明で今年のインフレは約3%になるとの見方を表明。さらなるMXN安がインフレリスクになるとの考えを示す一方で、需要側からのインフレ圧力の強まりは見られないとした。

 COPは対ドルで変わらず。4月のコロンビアPPIは前年比+6.74%と前月から加速。3月のコロンビア自動車販売は前年比21.6%減と9カ月連続の前年割れとなった。

 ZARは対ドルで変わらず。4月の南アフリカ・スタンダード銀行PMIは47.9と市場予想や前月を上振れ。3月の同国発電量は前年比4.3%減と再び前年割れとなった。

 CZKは対ドルで0.7%の下落。チェコ中銀は市場予想通りCZKの対ユーロ上限策などの金融政策を現状維持。同中銀は今年の成長率見通しを従来の2.7%から2.3%に下方修正。声明ではCZKの対ユーロ上限策が来年半ばに撤廃されるとの見方を示した。

 ILSは対ドルで変わらず。イスラエル中銀は4月に12億ドルのドル買い介入を実施したことを明らかにした。また同中銀は会合議事録(4月21日結果発表分)を公表。政策金利の据え置きは全会一致だったことが判明した。

 RUBは対ドルで1.0%の上昇。4月のロシアCPIは前年比+7.3%と前月と変わらず。一方、コアCPIは同+7.6%と市場予想を下回った。4月29日時点のロシア金・外貨準備は3901億ドルと前週から増加した。

 TRYは対ドルで1.3%の上昇。トルコのダウトオール首相は辞意を表明。与党・公正発展党(AKP)が月内に開催する臨時党大会での党首選にも出馬しない意向を明らかにした。また同首相は、テレビ演説で、任期途中での首相と党首辞任は自らの選択ではないと説明。党員に団結を呼び掛けた一方、首相の権限を縮小するエルドアン大統領の手法を批判した。

 3日間キーボードを使わない生活を過ごした結果、「上昇」が「浄書う」と変換されるなど変換ミスが多発するようになりました。