2016年5月21日土曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年5月20日)



 5月20日のロンドン市場は円がじり安の動き。ドル円は110円台前半から110円台半ば手前に緩やかに上昇した。ロンドン市場に入り米債利回りは小幅上昇。前日に下げたドイツ株は反発し、日経平均先物は底堅く推移。ドル円の上昇を後押しした。

 ユーロドルは1.12ドル台前半で方向感に欠ける動き。東京市場後半に発表された4月のドイツPPIは前年比-3.1%と3カ月連続で3%台の落ち込み。ドイツのディスインフレ圧力の強まりを示唆した。3月のユーロ圏経常収支(季調値)は273億ユーロの黒字と4カ月ぶりの高水準を記録したが市場の反応は限定的だった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月20日)

 新興国通貨は対ドルで買い優勢。中南米通貨やZARの上げが目立った。

 TWDは対ドルで小幅上昇。4月の台湾輸出受注は前年比11.1%減と市場予想を大きく上回る減少。第1四半期の台湾経常収支は207.2億ドルの黒字と2期続けて200億ドル超の黒字となった。

 MYRは対ドルで変わらず。4月のマレーシアCPIは前年比+2.1%と市場予想通りで昨年5月以来の低い伸びに縮小した。

 BRLは対ドルで1.2%の上昇。ブラジル政府が来週にも財政改善計画を議会に提出するとの見方から買い優勢の地合いが続いた。5月のブラジルIPCA15は前年比+9.62%と市場予想を上回った。

 MXNは対ドルで0.4%の上昇。3月のメキシコ経済活動IGAEは前年比+1.18%と市場予想を下回り、2014年4月以来の低い伸び。メキシコのアポルテラ財務副大臣は会見でMXN相場の安定性が確保される必要性があると発言した。

 PENは対ドルで0.3%の上昇。第1四半期のペルーGDPは前年比4.4%増と市場予想を小幅下回り、前期から減速した。

 RUBは対ドルで小幅下落。4月のロシアPPIは前年比+0.9%と2カ月連続で1%割れだった。

よい週末をお過ごしください。

2016年5月20日金曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年5月19日)



 5月19日のロンドン市場は円が買い戻される展開となった。ドル円は110円台前半から109円台後半に下落。ドイツ株は下げて始まり、その後も下げ幅を縮めることなく軟調な動き。東京市場で小幅高となった米債利回りもロンドン市場に入ると短期債中心に上値が重くなり、ドル円は円を買い戻す動きが優勢となった。

 一方、ユーロドルは取引中盤まで1.12ドル台前半で方向感に欠ける動きを続けたが、後半には1.12ドルちょうど近辺に下落した。3月のユーロ圏建設業生産高は前月比0.9%減と2カ月連続のマイナス。ユーロドルの重石となった。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月19日)

 新興国通貨は一部を除き対ドルで続落となった。

 KRWは対ドルで0.8%の下落。USD/KRWは1190台と約2カ月ぶりのKRW安水準に上昇した。4月の韓国PPIは前年比-3.1%と2カ月連続で低下幅が縮小し、2014年12月以来の小幅となった。

 PHPは対ドルで0.3%の下落。第1四半期のフィリピンGDPは前年比6.9%増と市場予想通りで、2013年第2四半期以来の高い伸び。個人消費が同7.0%増と4年ぶりの高い伸び。投資は同23.8%増と5期連続の二桁増となり成長率を下支えした。

 MYRは対ドルで0.8%の下落。USD/MYRは4.08台とKRWと同様に2カ月ぶりのMYR安水準に達した。マレーシア中銀は市場予想通り政策金利を3.25%で据え置き。同中銀は声明で現在の金融政策スタンスは緩和的であると指摘。同国経済活動は改善する見込みであるとの認識を示した。

 IDRはBloombergによると対ドルで1.2%の下落。USD/IDRはBloombergによると13500台と3カ月ぶりのIDR安水準に上昇した。インドネシア中銀は市場予想通りレファレンスレートなど主要3金利を全て据え置き。同中銀は声明で今年のGDP見通しを5.0~5.4%に下方修正したうえで、経済が安定するなら金融緩和の余地があると指摘。今後の利下げの可能性を示唆した。

 MXNは対ドルで変わらず。メキシコ中銀は会合議事録(5月6日結果発表分)を公表。メンバーの一人は今後数カ月中に利上げに踏み切る可能性があると述べたが、過半のメンバーは、金融政策の環境はとても複雑であると指摘。ペソの動向を注視すべきとの見解も示された。

 COPは対ドルで1.1%の下落。3月のコロンビア貿易収支は11.2億ドルの赤字と赤字額が市場予想を小幅上回った。

 PLNは対ドルで0.4%の下落。4月のポーランド鉱工業生産は前年比+6.0%と市場予想を大きく上振れ。同月同国の小売売上高は同3.2%増とほぼ市場予想通り。PPIは同-1.2%と低下率が市場予想を下回った。

 RUBは対ドルで1.1%の下落。5月13日時点のロシア金・外貨準備高は3909億ドルと前週から減少。4月のロシア鉱工業生産は前年比+0.5%と市場予想に反し前年越えとなった。

 ZARは対ドルで0.3%の上昇。南アフリカ中銀は市場予想通り政策金利を7.00%で据え置き。同中銀のクガニャゴ総裁は景気回復ペースは鈍く、インフレの伸び悩みは一時的であるとの見方を披露。投票メンバー1名が利上げを主張し反対票を投じたことも明らかにした。

世界保健機関(WHO)は19日、世界保健統計を発表。国別では女性の首位が日本で86.8歳。男性の首位はスイス(81.3歳)で日本は6位(80.5歳)だったそうです。日本の男性はがんばりましょう。

2016年5月19日木曜日

■ロンドン・NY市場の主要国通貨(2016年5月18日)



 5月18日のロンドン市場は取引序盤こそドル買いの動きがやや強まったが、その後、ドルはじり安を続けた。ドル円は取引序盤に109円台前半から109円台半ば近辺に上昇。ドイツ株は下げて始まった一方で、日経平均先物は小幅高。米債利回りは下値が堅くドルを下支えした。

 取引中盤に入り米債利回りは小幅高となったが、この後に発表されるFOMC議事要旨の結果を見極めたいとの思惑や高値警戒感もあり、ドル買いの動きは一服。ドル円は109円台半ばから109円台前半に小幅下落した。

■ロンドン・NY市場の新興国通貨(2016年5月18日)

 新興国通貨は対ドルで全面安となった。

 CLPは対ドルで0.2%の下落。チリ中銀は市場予想通り政策金利を3.50%で据え置き。同中銀は声明で足元のインフレは4%を超えており、今後も数カ月は4%越えが続く見込みとしたが、インフレ期待は3%のままと指摘。景気は第1四半期に加速したが、景況感は悪いままで、労働市場は悪化しているとの見解を示した。第1四半期のチリGDPは前年比2.01%増と市場予想や前期を上回った。

 BRLは対ドルで2.1%の下落。5月のブラジルIGP-Mは前月比+0.68%と前月から加速した。

 ILSは対ドルで0.8%の下落。5月のイスラエルCPI予想は+0.7%と下方修正された前月と変わらず。ただ水準は昨年11月以来の高さだった。

 ZARは対ドルで2.2%の下落。USD/ZARは一時15.9台と3月16日以来のZAR安水準に上昇した。4月の南アフリカCPIは前年比+6.2%、コアCPIは同+5.5%といずれも市場予想通り。3月の同国小売売上高は前年比2.8%増と市場予想を下回った。

 PLNは対ドルで1.5%の下落。4月のポーランド平均総賃金は前年比4.6%増と市場予想を上回り、昨年3月以来の高い伸び。同月同国の雇用も同2.8%増と市場予想通り前月から小幅加速した。

 RUBは対ドルで2.0%の下落。5月16日のロシアCPIは前週比+0.1%と前週から変わらずだった。

外務省は昨日、パスポートの査証欄に印刷されるデザインに葛飾北斎の「富嶽三十六景」を採用すると発表しました。見開きページごとに「凱風快晴」や「江戸日本橋」などの各作品を用い、全て異なるデザインにするとのこと。東京五輪・パラリンピック開催前の2019年度中に導入する方針だそうです。今から楽しみです。